ページの先頭です

浸水があった場合の消毒について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年8月7日

 台風や集中豪雨により局地的に大雨が降った場合、道路の冠水や河川の氾濫により浸水被害が発生することがあります。家屋等が浸水被害にあった場合には、次のように衛生対策を行いましょう。

浸水被害の対策について

屋内の対策

  • 浸水により使用できなくなった畳や敷物などを片付けましょう。
  • 汚れた床や壁、家具などは、水洗いか水拭きした後、薄めた逆性石けん液又はクレゾール石けん液を浸した雑巾で拭きましょう。
  • 食器や調理器具などは、十分に水洗いした後、熱湯消毒してから使用するか、薄めた次亜塩素酸ナトリウム液(台所用漂白剤)に浸した後よく水洗いしてから使用しましょう。(次亜塩素酸ナトリウムは金属腐食性がありますので注意が必要です。)
  • 床下は、ぞうきんや新聞紙等で水分を取り除き、扇風機等により換気し、乾燥させましょう。

屋外の対策

  • 住宅の周りにある不要なものや泥などを片付けましょう。
  • 住宅の周りを消毒する場合は、ジョウロ等を使用してクレゾール石けん液を散布しましょう。壁面等は、泥などの汚れを水で落としてから、逆性石けん液又はクレゾール石けん液などの消毒薬を浸した雑巾で拭きましょう。

 

名古屋市が配布する浸水用薬剤

名古屋市では浸水被害のあった住宅に消毒用の薬剤をお渡ししています(薬剤は希望者への配布になります)。

床上浸水

逆性石けん液500ミリリットル または クレゾール石けん液500ミリリットル

床下浸水

逆性石けん液500ミリリットル または クレゾール石けん液100ミリリットル

 

名古屋市が配布する浸水用薬剤の使い方

逆性石けん液

  • 原液を約100倍に薄めて使います。
  • 汚れた床や壁、家具などを水洗いか水拭きした後、薄めた逆性石けん液を浸した布で拭きます。

クレゾール石けん液(クレゾール石けん液は臭いが強いので注意が必要です。)

  • 原液を約33倍に薄めて使用します。
  • 汚れた床や壁、家具などを水洗いか水拭きした後、薄めたクレゾール石けん液を浸した布で拭きます。
  • 必要に応じて、家の周りの汚れた場所に薄めたクレゾール石けん液をジョウロなどで散布します。

 

浸水用薬剤を使うときの注意事項

  • 誤飲事故の要因となりますので、消毒薬の小分けは絶対にやめてください。
  • 消毒薬を使用する際は、長袖・長ズボン・メガネ・マスク・ゴム手袋などを使用し、皮膚や目にかからないように注意してください。
  • 消毒薬は容器に記載されている用法用量を守って使用してください。
  • 消毒薬を保管する場合は、乳幼児等の手の届かない場所に、食品とは別に保管してください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

相談窓口

 浸水用薬剤に関するご相談は、名古屋市保健所環境薬務課が承ります。

電話番号:052-972-2644 

ファックス番号:052-972-4153

このページの作成担当

健康福祉局健康部環境薬務課環境衛生係

電話番号

:052-972-2644

ファックス番号

:052-972-4153

電子メールアドレス

a2644@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ