ページの先頭です

高額療養費制度の現物給付について(限度額適用・標準負担額減額認定証等)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年12月6日

ページの概要:医療機関での自己負担額からあらかじめ高額療養費分を軽減したい場合についてのご案内です。

限度額適用・標準負担額減額認定証

70歳未満の方

 病院・薬局等の窓口で保険証と一緒に「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することによって、同証の「適用区分」にしたがった自己負担限度額まで(入院時の食事代・差額ベッド代などは含めません。)を支払えばよい制度があります。
 「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付にはお住まいの区の区役所保険年金課保険係または支所区民福祉課保険係での申請が必要です。

(注1)「限度額適用認定証」及び「限度額適用・標準負担額減額認定証」は申請月以降有効となります。
(注2)有効期限は直近の7月31日までです。8月以降も「限度額適用認定証」及び「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要な方は8月1日から8月31日までに更新の申請が必要です。
(注3)市民税非課税世帯の方については「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示すると入院時の食事負担も減額されます。
(注4)保険料の滞納がある場合、利用できません。
(注5)年間多数該当については病院にご相談ください。

関連リンク

「届出や申請に必要なもの」のページにある表の番号11をご覧ください。

届出や申請に必要なもの

70歳以上の方

 70歳以上の方は、保険証・高齢受給者証を病院の窓口に提示することで、病院・薬局等でのお支払いが自己負担限度額まで(入院時の食事代・差額ベッド代などは含めません。)となります。
(注6)「市民税非課税の方1・2」に該当する方については、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請が必要です。また同証を提示すると、入院時の食事負担も減額されます。

関連リンク

「届出や申請に必要なもの」のページにある表の番号11をご覧ください。

届出や申請に必要なもの

高額療養費受領委任払制度

受領委任払制度(70歳以上の方は利用できません。)

 病院・薬局等の窓口で、自己負担限度額まで(入院時の食事代・差額ベッド代は含めません。)を支払えばよい制度です。
 ただし、この制度の利用はあらかじめ登録されている医療機関に限られますのでご注意ください。またこの制度の利用には、医療機関ごと、月ごとに申請手続きが必要です。家族で同じ月に2人以上受診した場合も、それぞれ別に手続きが必要です。

(注7)保険料の滞納がある場合、利用できないことがあります。

(注8)この制度は、限度額適用認定証等による給付が受けられない場合についてのみ利用できます。

(注9)あらかじめ、この制度が利用できるか病院・薬局等にご確認ください。

お問い合わせ先

 詳しくはお住まいの区の区役所保険年金課保険係または支所区民福祉課保険係へお問い合わせください。

区役所保険年金課保険係・支所区民福祉課保険係電話番号

このページの作成担当

健康福祉局生活福祉部保険年金課給付係

電話番号

:052-972-2567

ファックス番号

:052-972-4148

電子メールアドレス

a2564@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ