ページの先頭です

前立腺がん検診

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年4月11日

ページの概要:名古屋市が実施している前立腺がん検診の紹介

前立腺がん検診

名古屋市では、自己負担金500円で前立腺がん検診を実施しています。

前立腺は男性だけにあり(精液の一部をつくる臓器)、膀胱の下で直腸の前にあります。前立腺がんにかかる率は、55歳以上で増加します。

早期の前立腺がんに特有の症状はありませんが、血液検査による早期発見が可能です。

50歳以上の男性は、定期的に検診を受けることが大切です。

対象者

市内に居住地を有する50歳以上の男性(今年度中に50歳になられる方を含む)で、お勤め先等で前立腺がん検診を受ける機会がない方

〈2019年度対象者〉昭和45年3月31日までに生まれた方

※会社等の検診・被扶養者検診で同等の検診を受ける機会のある方は対象外です。会社等の検診を受診してください。

※自覚症状のある方は、検診を受けるのではなく、医療機関で診察を受けてください。

協会けんぽ被扶養者の方へ

平成31年4月上旬に、協会けんぽから被扶養者の方へお送りしたがん検診のリーフレットの記載内容に誤りがありました。

前立腺がん検診の対象者について、「50歳以上の女性市民」は誤りで、正しくは「50歳以上の男性市民」です。

訂正してお詫びいたします。

実施期間

通年(4月1日から翌年3月31日まで)で実施

受診回数

1年度に1回

検診内容

問診及び前立腺特異抗原(PSA)検査を行います。

※PSAは、前立腺がんになると血液中に増加する物質であるため、PSA値が高いほど前立腺がんが疑われます。ただし、PSA値が高ければ、必ずがんであるというわけではありませんし、逆にPSA値が正常の場合でも前立腺がんが発生していないということにもなりません。あくまでも、前立腺がんを発見するきっかけとなる一つの指標です。

検診料(自己負担金)

500円

検診の結果、精密検査が必要となったり病気が発見された場合の検査料や治療費等は別途費用が発生しますので、ご注意ください。

※がん検診の検診料(自己負担金)が免除される制度があります。詳しくは以下のページをご覧ください。

自己負担金の免除制度

検診場所

市内の協力医療機関で受診することができます。

申込方法

  1. ご希望の医療機関へ、ご自身で事前に直接お申し込みください。その際には、「名古屋市の前立腺がん検診を希望」とお伝えください。(検診日時・受診人数が限られていたり、完全予約制の医療機関もありますので、必ず事前にご確認ください。)
  2. 検診当日は、住所と生年月日がわかるもの(健康保険証や運転免許証等)をお持ちになってお出かけください。

このページの作成担当

健康福祉局健康部健康増進課推進係

電話番号

:052-972-2637

ファックス番号

:052-972-4152

電子メールアドレス

a2637@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ