ページの先頭です

国民健康保険料を納めないとどうなるの

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2012年5月7日

短期保険証

督促状の指定期限を経過した滞納保険料がある世帯は、有効期限を短くした保険証(短期保険証)をお渡しすることになります。

資格証明書

特別な事情もないのに納期限から1年以上保険料を納めていないと、保険証をお返しいただき、資格証明書をお渡しすることになります。
また、納期限から1年を経過する前でも、保険証にかえて資格証明書をお渡しする場合があります。
資格証明書でも受診できますが、医療機関の窓口で医療費を全額負担していただき、後日自己負担分を差し引いた差額分(特別療養費)の支給を、区役所保険年金課保険係または支所区民福祉課保険係に申請していただくことになります。
※資格証明書をお渡しした場合でも、保険料の納付義務がなくなるわけではないため、財産を調査した結果から滞納処分(財産の差押え等)の措置を取ることになります。

保険給付の差止

特別な事情もないのに納期限から1年6ヵ月以上保険料を納めていないと、特別療養費、高額療養費などの保険給付の支払いの全部または一部を差し止めることになります。
また、納期限から1年6ヵ月を経過する前でも、保険給付の支払いの全部または一部を差し止める場合があります。

滞納処分(財産の差押え等)

納付相談に応じていただけずに未納が続いた場合や、相談によって誓約していただいた納付約束を履行していただけない場合は、財産の差押え等の措置を取ることになります。

保険料のお支払いが困難な場合は、お住まいの区の区役所保険年金課管理係(収納担当)へご相談ください。

このページの作成担当

健康福祉局生活福祉部保険年金課事務係

電話番号

:052-972-2564

ファックス番号

:052-972-4148

電子メールアドレス

a2564@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

国民健康保険のしくみに戻る

国民健康保険料を納めないとどうなるのの別ルート

ページの先頭へ