ページの先頭です

【まちなみデザイン20選(第2回)】(名城歩道橋からみた)加藤清正像と名古屋城大天守

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年3月16日
(名城歩道橋からみた)加藤清正像と名古屋城大天守の画像

(名城歩道橋からみた)加藤清正像と名古屋城大天守

投稿者のコメント

城の外から名古屋城が眺められる数少ないスポット。歩道橋の高台から清正像と大天守がよくみえます。観光客にも足を運んでほしい場所です。

所在地

(名城歩道橋)中区三の丸一丁目

概要

加藤清正は築城の名手と知られ、慶長15年(1610)名古屋城築城の普請(土木工事)において天守の石垣を築いている。清正像はこの場所のほか城内・二之丸にもある。写真の大天守の下にみえる白い建物は地下にある名城変電所の地上施設で、名古屋城や能楽堂などの周辺に調和したものとして平成11年度都市景観賞を受賞している。

このページの作成担当

住宅都市局都市計画部都市景観室調査企画係

電話番号

:052-972-2732

ファックス番号

:052-972-4485

電子メールアドレス

a2732@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ