ページの先頭です

平成30年7月豪雨(広島県三原市)にかかる支援活動記録集について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年3月19日

平成30年7月豪雨(広島県三原市)にかかる支援活動記録集について

 平成30年7月豪雨の被災地(広島県三原市)に対し、本市は建物被害認定調査や被災(り災)証明書受付発行業務などの支援活動に多くの職員を派遣しました。この度、本市の初動期・応急復旧期における支援活動の内容や活動を通して、把握した課題、支援業務における派遣職員の報告などの貴重な経験を記録にとどめることにより、本市の防災に係る課題及び施策を考える上での教訓とするため、記録集を作成しました。
 記録集は以下をご確認ください。なお、記録集のファイルはサイズが大きいため、ファイルを開くのに時間がかかることがありますのでご注意ください。

平成30年7月豪雨(広島県三原市)にかかる支援活動記録集

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

名古屋市防災危機管理局危機対策室
電話番号: 052-972-3585
ファックス番号: 052-962-4030
電子メールアドレス: a3585@bosaikikikanri.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ