ページの先頭です

報道資料 令和3年7月9日発表 愛知・名古屋 戦争に関する資料館企画展示「戦災にあった名古屋のまち‐発掘出土品が語る戦時下の市民生活‐」を開催します!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年7月13日

愛知・名古屋 戦争に関する資料館企画展示「戦災にあった名古屋のまちー発掘出土品が語る戦時下の市民生活ー」を開催します!

「愛知・名古屋 戦争に関する資料館」(愛知県庁大津橋分室1階)では、戦争の体験を次の世代に伝え、平和の大切さを学んでいただくため、県民の皆様から御寄贈いただいた戦争に関する実物資料等を展示し、定期的に資料の展示替えを行っています。
今回の企画展示は、「戦災にあった名古屋のまち ―発掘出土品が語る戦時下の市民生活―」をテーマとして開催し、名古屋市内の遺跡の発掘調査で出土した戦前期の品物や戦中・戦後の焼土、瓦礫を通じて、戦災にあった名古屋を疑似体験していただきます。

添付のチラシデータは、テキスト情報のない画像データになります。内容を確認したい場合は〈総務局総合調整室(電話番号052‐972-2223)〉までお問い合わせください。

令和3年7月9日発表 愛知・名古屋戦争に関する資料館企画展示

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

総務局総合調整部総合調整室調整係

電話番号

:052-972-2223

ファックス番号

:052-972-4112

電子メールアドレス

a2221@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ