ページの先頭です

南区内で火災による死者が急増しています

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年9月10日

南区内で火災による死者は昨年、一昨年と0名でしたが、今年はすでに3件の住宅火災により3名の死者が発生しています(令和3年9月1日現在)。

過去10年間(平成23年から令和2年)で、名古屋市内における死者が発生した住宅火災の原因第1位はたばこ、第2位はストーブ、第3位は放火です。

下記事項に注意し、火災予防に努めましょう。


たばこ

  • 寝たばこは絶対にしない(飲酒時は特に注意が必要)
  • 吸殻を灰皿にためない
  • 吸殻は水で完全に消してから捨てる
  • 火種を落とさない安全な場所で喫煙する

ストーブ

  • 周囲に燃えやすいものを置かない
  • 外出時・就寝時など、目を離すときは必ず消す
  • 洗濯物を乾かすために使用しない
  • 石油ストーブは必ず消してから給油する

放火

  • 家の周りに燃えやすいものを置かない
  • 物置や倉庫などは、外部から侵入できないよう施錠する

火災拡大や死者発生を防ぐために

  • 住宅用火災警報器を寝室・台所・寝室のある階の階段に設置する
  • 住宅用火災警報器を寝室・台所・寝室のある階の階段に設置する
  • 住宅用消火器(スプレー式を含む)や三角消火バケツを備える
  • 南区内で住宅火災による死者が急増しています
  • 火災の原因

リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

消防局南消防署

電話番号

:052-825-0119

ファックス番号

:052-822-6133

電子メールアドレス

12shomu@fd.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ