ページの先頭です

千種区老人クラブ連合会に参加させていただきました

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年9月22日

 令和3年7月、千種消防署は千種区老人クラブ連合会に参加させていただき、火災予防のお願いをしました。

近年、火災で命を落とされる方の70%以上が65歳以上の高齢者となっています。千種消防署は、会議に参加させていただき、高齢者の火災死を防ぐため、「火災は、すぐ身近な原因で発生していること」、「日頃から火災を発生させないために注意しなければならないこと」、「住宅用火災警報器の点検方法」など参加者の皆様に呼びかけました。

老人クラブ連合会風景写真

千種区老人クラブ連合会での防火啓発活動の様子

(ご高齢の方々の火災死を防ぐために)

  1. 寝たばこは、絶対しない、させない!
  2. こんろを使うときは、火のそばを離れない!
  3. 住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安で交換する!


千種消防署は、今後も老人クラブ連合会の皆様などと連携を深め、火災事例などを取り入れた防火啓発活動を積極的に推進していきます。

このページの作成担当

消防局 千種消防署 予防課
電話番号: 052-764-0119
ファックス番号: 052-752-1119
電子メールアドレス: 01yobo@fd.city.nagoya.lg.jp

ページの先頭へ