ページの先頭です

栄メンバーズオフィスビルの火災図上訓練に参画しました!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年2月15日

火災図上訓練(FIG)って何?

「火災図上訓練」は建物の平面図を前に、火災など災害発生時の対応について、参加者で話し合い、「防火防災の課題」への気付きを得る訓練です!

火災図上訓練(FIG)のメリット

  • 準備が簡単です:「建物の平面図」と「筆記用具」があれば、時間と場所を選びません。
  • 火災対応が俯瞰的に見られます:シナリオを参加者に示して行う訓練は、ご自身の役割は理解できるものの、全体の災害状況や自分以外の方の役割がわかりづらいです。火災図上訓練をすることで訓練全体を俯瞰的にとらえることができ、火災対応のポイントを理解できます。
  • 建物の実態に合わせた課題を見つけることができます:平面図上で訓練をするため、建物ごとに潜在する危険や課題を見つけることができます。

栄メンバーズオフィスビルの訓練の様子

栄メンバーズオフィスビルでは、避難時の混乱を避けるため自動火災報知設備の作動によるアナウンスが「出火階」と「その上の階」でまず流れる方式となっており、その特性について理解し、その上で建物の実態に合わせた火災初動対応や避難管理方法などが話し合われました。

訓練をに参加された皆さまからは、「避難者管理などの課題に気づけた」や「防火の設備の位置や使い方を十分把握する必要がある。」などのご感想をいただきました。

火災図上訓練(FIG)の様子

このページの作成担当

消防局 中消防署 予防課
電話番号: 052-231-0119
ファックス番号: 052-222-0119

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ