ページの先頭です

熱中症を予防して元気な夏を!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年12月17日

夏場のマスク注意!

今年の夏は、新型コロナウイルス感染症の影響でマスクが外せない状況になっています。

こんな状況の中、熱中症にならないためには正しい知識と予防が必要です!

☆今年の夏の熱中症予防ポイント☆

  1. 屋外で十分な距離(2m以上)が確保できる場合はマスクをはずしましょう
  2. マスクを着用している場合は強い負荷の作業、運動は避けましょう
  3. 感染症予防で換気した後はエアコンを強にするなどエアコンの設定をこまめに調整しましょう
  4. 日頃の体温測定、健康チェックを欠かさず行い、体調が悪いと感じたときは無理せず自宅で静養するようにしましょう
  5. 3密を避けつつも熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者への目配り、声掛けをするようにしましょう


熱中症とは?

温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害をおこす症状のことです。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

熱中症にご注意を

熱中症の症状

軽度:めまい・立ちくらみ・こむら返り・手足のしびれ

中度:頭痛・吐き気・体がだるい・体に力が入らない・集中力や判断力の低下

重度:意識障害(呼びかけに対し反応がおかしい・会話がおかしい)・けいれん・運動障害(普段通りに歩けない)

体調に異変を感じた時は早めに休息を

こんな時はためらわずに救急車を呼びましょう

  • 自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強くて動けない場合
  • 意識がない(おかしい)、全身のけいれんがあるなどの症状を発見した場合など
救急車を呼びましょう

熱中症の応急手当

  • 涼しい場所へ移動し、衣服を緩め安静に寝かせる
  • エアコンをつける、扇風機・うちわなどで風をあて体を冷やす
  • 首の周り・脇の下・太もものつけねなどを冷やす
  • 飲めるようであれば、水分を少しずつ頻回に取る
応急手当

熱中症予防のポイント

  • 部屋の温度をこまめにチェック!
    (普段過ごす部屋には温度計を置くことをお奨めします)
  • 室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう!
  • のどが渇かなくてもこまめに水分補給!(一般的に食事以外に1日当たり1.2Lの水分補給が目安とされています)
  • 外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!
  • 無理をせず、適度に休憩を!
  • 日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを!
  • 暑くなり始めの時期から適度に運動(「ややきつい環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度)※ただし、その際は水分補給を忘れずに、無理のない範囲で実施してください。
熱中症は予防が大切

関連情報


熱中症対策リーフレットを見てね

熱中症を予防して元気な夏を!

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

かもめタウンによる熱中症予防啓発について

名古屋市消防局は、日本郵便株式会社が行う「かもめタウン」を活用し、熱中症予防啓発はがきを名古屋市内の一部世帯にお届けしました。

三年連続協賛企業一覧

はがきデザイン

配達はがきの写真(表裏)

表面には協賛企業の広告が掲載されており、裏面には名古屋市消防局広報アンバサダーである「小野小町」が登場し、熱中症に対する注意事項をお知らせしています。

かもめタウンとは

宛名が不要の「かもめーる(残暑・暑中見舞い用郵便はがき)」を使用し、町丁目・マンション単位でダイレクトメールをお届けする日本郵便株式会社のサービスです。

活動の概要

  1. 名古屋市消防局が熱中症予防啓発はがきをデザイン
  2. 当該広報活動にご賛同いただいた協賛企業・団体の出資のもと、差出人を「名古屋市消防局」としたはがき(表面の一部に企業・団体広告、裏面は名古屋市消防局デザインの熱中症予防啓発広報)を郵便局が作成
  3. 各協賛企業・団体が希望するエリアに郵便局配達員がはがきを配達

2020年協賛企業一覧

配達期間

令和2年8月3日から令和2年8月10日

配達枚数

多くの企業・団体にご賛同いただきました結果、市内の68,750枚を配達することができました。

(協賛企業・団体からの配達エリアの希望、配達枚数の制限から、お届けすることができない世帯があります。)

このページの作成担当

消防局救急部救急課救急係

電話番号

:052-972-3563

ファックス番号

:052-972-3582

電子メールアドレス

00kyukyukanri@fd.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ