ページの先頭です

公開空地等の再生に向けた取り組み

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2023年2月7日

ページID:155114

概要

本市では居心地よく歩きたくなる「ウォーカブルなまちづくり」を目指し、総合設計制度等により設けられた公開空地等を有効活用できるように検討を進めています。都心にありながら、これまで賑わいの場として十分に利用されていなかった公開空地等を、賑わいの場とするための再生に取り組んでいきます。

具体的には、ウォーカブルで魅力ある都市空間の形成に寄与できるよう、総合設計制度等の基準見直しを行うとともに、公開空地等を居心地が良く快適な空間に再生するため、環境整備に必要な費用を助成します。

公開空地等とは

容積率制限等を緩和する以下の制度により造られる日常一般に開放される空地のことを指します。

(1)総合設計制度

(2)都市計画制度

  • 特定街区
  • 都市再生特別地区 等

総合設計制度等の基準見直し

現在の総合設計制度等の基準は、“常時誰もが自由に通行できる空間”となるよう、規模や形状等により造り方を評価し、その使い方については商取引等の占用行為を制限しています。

今後は、多様な使い方を受け入れる造り方を評価するなど、より憩いや賑わいが生み出される使い方を促進していくための基準を目指します。

また、基準の見直しを行うにあたり参考とするため、令和4年度に下記のとおり社会実験を行います。

社会実験

「ウォーカブルなまち」の実現に向けて、公開空地等が賑わいやまちの回遊性を向上させるような空間として機能するよう、基準を見直すにあたり、社会実験を実施することで、現在の基準を緩和した場合の効果や課題を検証し、今後の参考とするものです。

公開空地等環境整備助成

公開空地等の再整備等によって居心地が良く歩きたくなる空間づくりに取り組む事業者に対し、そのために要した費用の一部を助成します。

このページの作成担当

住宅都市局都市計画部ウォーカブル・景観推進室ウォーカブル推進係

電話番号

:052-972-2938

ファックス番号

:052-972-4485

電子メールアドレス

a2938@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ