ページの先頭です

市民菜園の詳細

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年1月26日

ページの概要:農業センター内にある貸し農園「市民菜園」の詳細と申し込み等について

市民菜園とは

 市民菜園は、市民の皆さんに野菜作りの楽しさや大変さを体験し、農業に対する理解を深めていただくことを目的として、農業センター内に開設している貸し農園です。

 80区画あり、利用期間は1年間(4月から翌年3月半ばまで)です。

 農業センターの畑を参考にしたり、相談コーナーを利用できることがこの貸し農園の利点です。

 また、野菜作りを初歩から学べる講習会「農業塾」に参加することができます。

農業センター内にあり雑木林に囲まれた市民菜園

市民菜園のようす
1区画10平方メートルと小面積ですが、けっこういろんな野菜が作れます。

使用内容

  • 使用区画 80区画 1区画10平方メートル
  • 使用期間 4月10日から翌年3月15日まで
  • 利用料 年額7,000円
  • 農業塾 野菜作りを初歩から学べる「農業塾」(現地指導なし)を原則日曜日に7回開催します。(受講料1回100円)
  • 市民菜園には、付帯設備として水道、農具等が備えてあります。
各種の鍬、噴霧器などが備えてある

市民菜園管理室には各種の鍬や噴霧器、ジョウロなどのほか、各区画1箇所のロッカーも備えてあります。

  • 使用できる時間は、休園日(月曜日と年末年始)を除く午前9時から午後4時30分までです。(農業センター園内のため)
  • 利用者は農業センター駐車場(イベント時を除き無料)をご利用いただけます。

農業センターについてはこちらをご覧ください

市民菜園を利用するには

利用ご希望の方は、下の要領で往復はがきでお申し込みください。

申込者資格

名古屋市内在住で、農園の日常管理ができる方

募集期間

2月1日から20日(2月20日消印有効)

募集要項の配布

募集の時期に、名古屋市ホームページに掲載し、農業センター・区役所情報コーナー・土木事務所・図書館等で配布します。

申込方法・申込先

募集要項の利用申込書に必要事項を記入し、往復はがきに貼りつけて、募集要項記載の申込先にお申し込みください。返信用にもご自分の住所、氏名を記入してください。

注意事項

 憩いの農園・コミュニティ農園・市民菜園・分区園の4種類の農園全体のうち、いずれか1農園(同一住所につき1通)のみ受付けします。

 利用申込書の必要事項に記入もれがある場合や、同一住所で複数の申込がある場合は、抽選の対象になりません。

 当選した区画を第三者に貸与することはできません。当選後であっても、そのような事実が判明した場合、当選を取り消すことがあります。その場合利用料の返金はしません。

問い合わせ先

〒468-0021 名古屋市天白区天白町大字平針字黒石2872-3

名古屋市農業センター「市民菜園担当」 電話番号:052-801-5221

利用者の決定方法

 利用者および利用区画は、公開抽選により決定します。

 抽選は前回利用者以外の方を優先します。区画番号1から前回利用者以外の方の抽選を行い、その抽選後に空き区画(補欠含む)があれば、引き続き前回利用者の抽選を行います。

 前回利用者とは、前回募集時に当選(補欠からの繰り上げ当選を含む)して農園を利用された方のことで、憩いの農園・コミュニティ農園の空き区画にお申込みをし、農園を利用した方は含みません。

 当選(補欠からの繰り上げ当選を除く)後に利用を辞退された方は、次回の市民農園利用者募集時において、前回利用者と同様に優先順位が下がりますのでご了承ください。

 当選、落選については、抽選後、3月中に郵送でお知らせします。

このページの作成担当

緑政土木局 農業センター管理係

電話番号

:052-801-5221

ファックス番号

:052-801-5222

電子メールアドレス

nogyocenter@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ