ページの先頭です

令和2年度「中村区区民アンケート」の結果について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年4月5日

ページの概要:令和2年度「中村区区民アンケート」の実施結果を公表します。

調査の概要

1 目的

区民の皆さまのご意見などを窓口サービスの向上や業務改善、今後の区政運営の参考にするために実施する。

2 調査の地域

中村区の全域

3 対象者

中村区に居住する満18歳以上の方 2,500人(外国人を含む)

4 対象抽出方法

無作為抽出

5 調査方法

通達員により配布後、郵送にて回収

6 調査期間

令和2年6月15日から令和2年7月15日

7 回答者数

935人(回答率37.4%)

調査結果

アンケート調査結果については以下のとおりです。なお、このページの下部からダウンロードが可能です。

1 あなた自身のことについておたずねします。

問1‐1 性別

  1. 男性 45.5%
  2. 女性 53.4%
  3. その他 0.0%
  4. 未回答 1.2%

問1‐2 年齢

  1. 18、19歳 1.0%
  2. 20歳代 10.5%
  3. 30歳代 12.8%
  4. 40歳代 13.7%
  5. 50歳代 15.5%
  6. 60歳代 17.1%
  7. 70歳以上 28.7%
  8. 未回答 0.7%

問1‐3 国籍

  1. 日本 96.8%
  2. その他 2.4%
  3. 未回答 0.9%

問1‐4 職業

  1. 会社員・公務員 33.2%
  2. 自営・自由業 9.2%
  3. 契約社員・派遣社員 3.1%
  4. パート・アルバイト 12.9%
  5. 家事専業 11.7%
  6. 学生 2.0%
  7. 無職(定年後も含む) 24.2%
  8. その他 2.5%
  9. 未回答 1.3%

問1‐5 家族人数

  1. 単身 18.8%
  2. 2人 29.7%
  3. 3人 20.0%
  4. 4人 18.0%
  5. 5人 8.1%
  6. 6人 3.0%
  7. 7人以上 1.3%
  8. 未回答 1.1%

問1‐6 居住学区

  1. 日比津 58名
  2. 諏訪 33名
  3. 稲葉地 112名
  4. 稲西 40名
  5. 中村 140名
  6. 豊臣 31名
  7. 本陣(ほのか) 30名
  8. 則武(ほのか) 34名
  9. 亀島(ほのか) 30名
  10. 新明(笹島) 9名
  11. 六反(笹島) 14名
  12. 牧野 27名
  13. 米野 49名
  14. 日吉 43名
  15. 千成 67名
  16. 柳 42名
  17. 岩塚 82名
  18. 八社 47名
  19. わからない 37名
  20. 未回答 10名

問1‐7 居住年数

  1. 1年未満 2.6%
  2. 1年以上5年未満 11.2%
  3. 5年以上10年未満 7.8%
  4. 10年以上20年未満 13.3%
  5. 20年以上30年未満 10.3%
  6. 30年以上40年未満 12.2%
  7. 40年以上50年未満 11.8%
  8. 50年以上 30.2%
  9. 未回答 0.7%

2 「中村区将来ビジョン(令和2から5年度)」、「令和2年度中村区区政運営方針」全体についておたずねします。

問2‐1 このアンケートを記入するまでに、中村区役所が中村区将来ビジョン(令和2から5年度)を策定していることを知っていましたか。

  1. 知っていて、内容も知っていた 3.5%
  2. 策定していることは知っていたが、内容は知らなかった 12.0% 
  3. 策定していることも知らなかった 82.4%
  4. 未回答 2.1%

問2‐2 構成や内容などは分かりやすいものでしたか。※問2‐1で「1」とお答えの方におたずねします。

  1. わかりやすい 66.7%
  2. わかりにくい 9.1%
  3. どちらともいえない 21.2%
  4. 未回答 3.0%

問2‐3 どのような手段でお知りになりましたか。※問2‐1で「1」、「2」とお答えの方におたずねします。

  1. 広報なごや6月号中村区版 73.5%
  2. 中村区のホームページ 5.4%
  3. 中村区役所の情報コーナー 8.8%
  4. 中村区役所以外の公共施設のカウンター 2.7%
  5. その他(「町内会」、「回覧板」など) 2.0%
  6. 未回答 7.5%

問2‐4 このアンケートを記入するまでに、中村区役所が中村区区政運営方針を策定していることを知っていましたか。

  1. 知っていて、内容も知っていた 3.0%
  2. 策定していることは知っていたが、内容は知らなかった 9.3% 
  3. 策定していることも知らなかった 81.2%
  4. 未回答 6.5%

問2‐5 構成や内容などは分かりやすいものでしたか。※問2‐4で「1」とお答えの方におたずねします。

  1. わかりやすい 78.6%
  2. わかりにくい 14.3%
  3. どちらともいえない 7.1%

問2‐6 どのような手段でお知りになりましたか。※問2‐4で「1」、「2」とお答えの方におたずねします。

  1. 広報なごや6月号中村区版 69.2%
  2. 中村区のホームページ 5.8%
  3. 中村区役所の情報コーナー 8.3%
  4. 中村区役所以外の公共施設のカウンター 5.0%
  5. その他 5.8%
  6. 未回答 5.8%

3 「安心・安全で快適なまち」についてお聞きします。

問3‐1 中村区では以前(おおむね5年前)と比較して防災意識が高まったと思いますか。

  1. 思う 13.2%
  2. どちらかといえば思う 41.8%
  3. どちらかといえば思わない 22.0%
  4. 思わない 21.3%
  5. 未回答 1.7%

問3‐2 中村区では以前(おおむね5年前)と比較して交通事故・犯罪が少なく安心して暮らせるようになったと思いますか。

  1. 思う 8.4%
  2. どちらかといえば思う 31.9%
  3. どちらかといえば思わない 33.6%
  4. 思わない 23.4%
  5. 未回答 2.7%

問3‐3 中村区では以前(おおむね5年前)と比較して清潔で快適に暮らせるようになったと思いますか。

  1. 思う 14.0%
  2. どちらかといえば思う 43.9%
  3. どちらかといえば思わない 23.4%
  4. 思わない 16.3%
  5. 未回答 2.5%

問3‐4 中村区の安心・安全で快適なまちづくりについて、お気づきの点やご意見などがございましたら、ご自由にお書きください。(回答数:248件)

※下記のご意見等は、いただいたご回答の一部を掲載しております。

  • 放置された空き家が多い。防犯、防火で不安に思っています。
  • 外国人が多くなっているので、ルールやマナーの指導が必要。
  • 道路やたばこのポイ捨て、犬の排泄物が日常的に起こっています。防止する方法がないものでしょうか?特に犬の排泄は飼い主の啓発活動をもっとやってください。
  • 学区の方々の見回りや清掃活動等のおかげで快適に過ごさせてもらっています。
  • 稲葉地公園で個人的に毎日掃除をしてくれている方がいる。水たまりの水をなくしてくれたり、遊具をふいてくれたりなどまで。感謝の気持ちを伝えられたらと思います。
  • テレビやインターネットを見ない高齢者のために、分かりやすい犯罪防止を促すビラ等を回覧板にて告知する。不安なことや心配なことを相談できる連絡先を載せておく。
  • 防犯カメラ(特に住宅街)の設置。パトロールの強化。
  • 周辺がワンルームマンションやアパートが多くなり閉塞感がある。
  • 小さな子供たちが清潔に遊ぶことができるように、公園の木・雑草・トイレ・砂遊び場をこまめに手入れしてもらいたい。
  • 車道の自転車の通行が増えたが、ヘルメットをしていなかったりイヤホンをつけていたり、安全性に不安を感じます。取り締まりが難しいのであれば専用レーンを整備する等の対応をしてほしい。名駅、栄に通じる道路があるので、そこだけでも検討してほしい。
  • たばこの取り締まりをもっと強化してほしい。道路でも多いし、公園が喫煙スペースになっているので子供を遊ばせられない。
  • 自動車、自転車の運転で危険を感じる時がある。交通ルールを守っていれば良いのではなく、思いやりのある柔軟な運転が必要。
  • ごみ出しのマナー違反が多く目立ちます。集合住宅等でカラス対策がされていないところが目立ちます。
  • 地震や台風が来た時の避難場所について、小中学校以外にも用意しておくべきだと思った。新型コロナウイルス、津波対策のため。
  • せっかく透水性舗装を道路にしたのに、下水やガスの工事の後に普通のアスファルトに戻したら全く意味がない。
  • 特に防犯には力を入れてほしいと思います。
  • 放置自転車が少なくなったように思う。
  • 防災対策が行われていることは分かりますが、区民の意識はまだ低いと思います。若い年代、外国人への啓発活動が分かりにくく、関心が薄い世代を取り込むことの難しさを感じます。

4 「いきいきと暮らせる『支え愛』のまち」についてお聞きします。

問4‐1 中村区では以前(おおむね5年前)と比較して子育てしやすいまちになったと思いますか。

  1. 思う 9.9%
  2. どちらかといえば思う 41.2%
  3. どちらかといえば思わない 24.5%
  4. 思わない 16.5%
  5. 未回答 7.9%

問4‐2 中村区では以前(おおむね5年前)と比較して高齢者が暮らしやすいまちになったと思いますか。

  1. 思う 10.9%
  2. どちらかといえば思う 45.2%
  3. どちらかといえば思わない 24.6%
  4. 思わない 15.8%
  5. 未回答 3.4%

問4‐3 中村区では以前(おおむね5年前)と比較して障害者が暮らしやすいまちになったと思いますか。

  1. 思う 7.1%
  2. どちらかといえば思う 36.6%
  3. どちらかといえば思わない 31.3%
  4. 思わない 18.7%
  5. 未回答 6.3%

問4‐4 中村区のすべての方がいきいきと暮らせる「支え愛」のまちづくりについて、お気づきの点やご意見などがございましたら、ご自由にお書きください。(回答数:139件)

※下記のご意見等は、いただいたご回答の一部を掲載しております。

  • 子どもが中村区で出産して小学校へ通っています。その間行政サービスは良かったと思います。例えば保育園へ入園することのアドバイスなど。
  • 住居地域に偏りがある場所だからこそ、子供を大切にお年寄りにやさしい区になってもらいたい。そのための取り組みには賛成です。
  • お年寄りが駐輪場の整備他生き生きとされていて良いと思います。そこで1言挨拶をしてくださるとよいのでは。声掛けは犯罪防止になるかと思います。
  • 歩行者用信号青の時間が短い。高齢者、障害者は渡れない。外国人への対応が不親切では。私の近隣には留学生も多く、情報を出してあげてください。
  • 年寄りと同居しています。保健所やスポーツセンターのイベントに参加して生き生きと過ごしている親を見て、嬉しくなります。
  • 子供、老人、障害者という縦割りで街づくりを目指すのではなく、横のつながり(いろいろな人がいて当然なので)で複合的に考えていくとよいのではないでしょうか。
  • 近くのスーパー、家電店がなくなり、免許証を返納したら生活に困ると思います。
  • 身近でいうと米野公園が大きくなり、子供が遊ぶところが増えとてもありがたいです。しいて言えばところどころで良いので日差しをしのぐための屋根あり、ベンチを増やしてほしいです。小さい子供やお年寄りの方にも良いと思います。
  • 支える側の負担が減るよう努力することで結果的に支え愛が長く続くと思います。
  • 世代間の交流が少ないと思う。となり近所の関係作りがもっとあればよい。
  • 身近に支援センターがあり助かっている。イベントも多く内容も充実。ただ混みあっていて参加できないこともあるので、増えるといいと思う。少しの時間手伝える仕組みがあれば、子育て中でも参加しやすい(ボランティアではなく仕事として)。
  • 子育て支援を利用して大変助かった。独居高齢者の支援を積極的にお願いしたい。
  • ネットでの発信に対応できず、情報を得られる機会が少なくて困る。
  • 心のケア。病気のケア。障害がある様々な症状を知ってもらう。健常な方に知ってもらうセミナーがあると良い。
  • 子育てに関するカレンダーがとても役に立ったので、ぜひ続けていただきたい。
  • 近所にはお子さんもいませんが、家の前を通る時は声をかけるようにしています。
  • もっと障害者に対する理解するイベントなど多くしてほしい。
  • 子育て中です。産後ケアや一時保育事業などとても育てやすいです。困ったことがあればすぐ相談窓口で相談できるのが良いです。

5 「魅力と活力にみちた、愛着を感じるまち」についてお聞きします。

問5‐1 中村区では以前(おおむね5年前)と比較して歴史と地域資源を活かしていると思いますか。

  1. 思う 12.0%
  2. どちらかといえば思う 38.4%
  3. どちらかといえば思わない 26.6%
  4. 思わない 19.4%
  5. 未回答 3.6%

問5‐2 中村区では以前(おおむね5年前)と比較して文化・芸術・スポーツ活動などの生涯学習が活発になったと思いますか。

  1. 思う 8.8%
  2. どちらかといえば思う 34.1%
  3. どちらかといえば思わない 32.3%
  4. 思わない 21.1%
  5. 未回答 3.7%

問5‐3 中村区では以前(おおむね5年前)と比較して地域コミュニティの交流が盛んになったと思いますか。

  1. 思う 7.9%
  2. どちらかといえば思う 27.6%
  3. どちらかといえば思わない 35.2%
  4. 思わない 26.0%
  5. 未回答 3.3%

問5‐4 中村区の魅力と活力にみちた、愛着を感じるまちづくりについて、お気づきの点やご意見などがございましたら、ご自由にお書きください。(回答数:134件)

※下記のご意見等は、いただいたご回答の一部を掲載しております。

  • アクテノンやコミセンで色々習い事をしていると、中村区民と交流ができ楽しい。色々な施設を利用して、色々な人が地域交流できるといい。
  • 下町を感じる場所が多く、長く同じ場所にいる人も多いため、愛着がある方が多いと思う。コミュニティの交流な盛んなことは良いことだと思います。
  • 歴史と地域資源に関心が薄いと感じる。小中学生向けに尾張、三河が要所であったことを学習する機会が増えるとよいと思う。
  • 名古屋市は他の都市と比べて個性がなく、魅力に乏しい。リニアを機会に名古屋駅を中心とした中村区の地域を個性的なわくわくするような滞在形の街にしていただきたい。
  • 秀吉関連でもっと歴史観光をアピールしてほしい。
  • 武将観光ロードを利用して、子供たちに歴史の面白さを知れるチャンスがほしい。
  • 道の駅等をモデルにして「町の駅」的な老若男女が楽しく交流できる場所を作る。(例、カフェ、お風呂(温泉)、犬との交流できる場所、年寄りと小さな子供が触れ合える場所、朝市、町の自慢品を売る、道路にベンチと花をおく、定期的に道路を遊歩道にする)
  • 無理に歴史や文化をアピールしなくても、商業が発展すれば歴史や文化は自然と生まれる。歴史や文化は若い世代が育んでいくもので、過去にしがみつくものではない。
  • 豊臣秀吉関連のゆかりの地、モニュメント等をもっと整備して、外からの人たちに興味を持ってもらうようにしてほしい。先般、友人たちを案内して特に感じた。
  • 形から入るのもいいが、根本的な意識改革をもっと前面に出してアピールしないとごく一部の方にしか伝わらないと思う。
  • せっかく秀吉と加藤清正の誕生の地なのだから、日本全国に向けてもっとアピールすればよいのにと思う。県外の人には名古屋の豊国神社とか中村公園とかびっくりするくらい知られていなくて残念に思う。
  • 名古屋駅がある中村区なので“名古屋の顔”としてPRしてほしい。
  • 若者向けの内容がなくイベントも少ない。他区のイベントで見たような子供を中心として行うイベントやステージ発表をしてほしい。
  • 他の区から引っ越してきて中村区の古い町並みが気に入っていましたが、マンションが建ち古い建物が壊されてきています。もっと保存すべきだと思います。
  • 中村区は古く高齢者の多い区ですが、歴史的なものは魅力があります。若い人が「武将観光ロード」等を宣伝して人を呼ぶのもいいことと思う。
  • 秀吉の使い方がもったいない。漫画、ゲームなど若い世代にも反応があるコンテンツを取り入れた方が盛り上がると思う。

6 「安心・安全で快適なまち」の取り組み等に関連してお聞きします。

問6‐1 災害時に指定緊急避難場所に避難する際には、非常用持出品をもって避難することを意識していますか。

  1. している 56.5%
  2. していない 40.6%
  3. 未回答 2.9%

問6‐2 名古屋市から配布された、防災に関する情報が掲載された「あなたの街の洪水・内水ハザードマップ」、「あなたの街の地震ハザードマップ」、「ナゴヤ避難ガイド」の内容を確認し、三つのうちいくつ保管していますか。

  1. 三つすべて保管している 27.9%
  2. 二つ保管している 17.6%
  3. 一つ保管している 21.0%
  4. 保管していない 29.6%
  5. 未回答 3.9%

問6‐3 お近くの「指定緊急避難場所」、「指定避難所」の場所を知っていますか。

  1. 両方知っている 40.0%
  2. 指定緊急避難場所だけ知っている 15.3%
  3. 指定避難所だけ知っている 21.4%
  4. 両方知らない 20.2%
  5. 未回答 3.1%

7 「いきいきと暮らせる『支え愛』のまち」の取り組み等に関連してお聞きします。

問7‐1 中村区のどのようなところが子育てしやすいと感じますか。(回答はいくつでも)

  1. 保育園・幼稚園などの子どもを預けられる施設が多い 32.7%
  2. 公園などの子どもの遊び場が多い 31.7%
  3. 子育てサロンなどの子育てサービスが充実している 6.5%
  4. まわりに子育て世帯が多い 13.0%
  5. 子育て世帯に理解のある地域住民が多い 10.2%
  6. 地域で子どもが参加できるイベントが充実している 7.9%
  7. 子育てしやすいと感じるところはない 16.7%
  8. その他 10.3%
  9. 未回答 18.0%

問7‐2 子育てに関し、不安や心配に思うことは何ですか。(回答はいくつでも)

  1. 子どもと過ごす十分な時間がとれないこと 9.4%
  2. 子育てについて家族やまわりの人の協力・理解がないこと 5.9%
  3. 子育てに関して話し相手や相談相手がいないこと 7.8%
  4. 子育てによる疲労やストレスがあること 13.8%
  5. 子育てに関する情報・知識を得る機会がないこと 9.3%
  6. 子どもの病気や発達発育に関すること 10.6%
  7. 子どもが交通事故や犯罪に巻き込まれること 39.3%
  8. 子どものいじめなどに関すること 29.2%
  9. 不安や心配に思うことはない 9.9%
  10. その他 10.7%
  11. 未回答 23.6%

問7‐3 安心して子育てができるまちづくりについて、今後力を入れて取り組んでほしい、または取り組むべきと思われることは何ですか。(回答はいくつでも)

  1. 子育てサロンなどの講習・交流会の開催 12.4%
  2. 園外保育(お散歩)など子どもの屋外活動に関する地域の見守り活動 22.7%
  3. 子育てに関する情報の提供 21.3%
  4. 子ども会活動への支援 13.3%
  5. 保健師などによる自宅への訪問サービス 9.5%
  6. 公園などの遊び場の充実 37.6%
  7. 地域で子どもが参加できるイベント 24.5%
  8. 困ったときの相談体制 36.9%
  9. その他 8.6%
  10. 未回答 19.5%

8 「魅力と活力にみちた、愛着を感じるまち」の取り組み等に関連してお聞きします。

問8‐1 武将観光ロード「太閤秀吉功路 人生大出世夢街道」(名古屋駅から、中村公園までのルート)を知っていますか。

  1. 知っている 35.2%
  2. 知らない 58.2%
  3. 未回答 6.6%

問8‐2 「尾張中村めし」を知っていますか。

  1. 知っている 16.1%
  2. 知らない 78.6%
  3. 未回答 5.2%

9 「多文化共生」に関連してお聞きします。

問9‐1 外国人と地域や職場・学校などで、トラブルになったり、とまどったりした経験がありますか。※外国人市民の方は、日本人との経験についてお答えください。

  1. ある 15.6%
  2. ない 80.1%
  3. 未回答 4.3%

問9‐2 トラブルやとまどった内容は何でしたか。※問9‐1で「1」とお答えの方におたずねします。(回答はいくつでも)

  1. ゴミ 46.6%
  2. 騒音 39.0%
  3. 交通マナー 37.0%
  4. 地域活動 9.6%
  5. 宗教 2.1%
  6. 職場・仕事 25.3%
  7. その他 11.0%
  8. 未回答 2.7%

問9‐3 外国人市民と日本人市民との間にさまざまな問題が発生するなど、ともに暮らしにくい状況がある場合、どのようなことに原因があると思いますか。

  1. 外国人市民が、日本で生活するうえでのルール・習慣を知らないため 38.3%
  2. 言葉が通じないため 22.7%
  3. お互いに文化・習慣・宗教の違いを認識・理解していないため 30.9%
  4. 外国人市民が、生活に関する必要な情報を十分に理解していない(できない)ため 12.6%
  5. 外国人市民に対し、生活に関する必要な情報が十分に伝えられていないため 14.7%
  6. 日本人市民が、外国人市民とコミュニケーションをとろうとしないため 12.5%
  7. 外国人市民が、日本人市民とコミュニケーションをとろうとしないため 3.4%
  8. その他 1.7%
  9. 未回答 7.0%

問9‐4 多文化共生のまちづくりを実現するために、今後力を入れて取り組んでほしい、または取り組むべきと思われることは何ですか。(回答は2つまで)

  1. 外国人市民が外国語で相談できる窓口を充実する 33.4%
  2. 外国人市民に対して、外国語での情報提供を充実する 23.0%
  3. 外国人市民に対して、日本語の学習を支援する 18.5%
  4. 外国人市民に対して、生活習慣や文化の違いについての理解を深めるための支援をする 45.3%
  5. 日本人市民に対して、国際理解についての教育・啓発を充実する 17.0%
  6. 日本人市民に対して、様々な外国語を学習できるよう支援する 11.8%
  7. 地域のイベントなどに外国人市民が参加しやすいような環境づくりを支援する 20.7%
  8. その他 2.6%
  9. 未回答 9.0%

問9‐5 中村区における多文化共生の推進について、お気づきの点やご意見などがございましたら、ご自由にお書きください。(回答数:93件)

※下記のご意見等は、いただいたご回答の一部を掲載しております。

  • 外国人が多くなりました。生活習慣や文化の違いから「トラブル」も多々あります。互いが理解して日々努力して仲良く生活することが必要です。
  • コミュニティセンターや地域での対話や生活交流など、日本より名古屋をアピールする。
  • 外国人、日本人関係なく人間としてお互いに良いコミュニケーションが取れるよう、子供達のみならず大人たちも教育されることができるとよいと思います。
  • この頃インド料理の店が増えたので、良くインド系の人を見かける。みんないい人たちであいさつをする人もいる。やはりネックは言葉だと思う。
  • 外国の方々のイベントと日本のイベント合流できるといいですね。
  • 各日本語学校に対して留学生が感じている生活上の問題点の行政との共有が必要ではないかと思う。
  • 外国人の方が困ったときに気軽に尋ねられるネットワークがあったらいいなと思う。
  • お互いの見た目の違いや、言葉が十分に話せないことでかかわりを避けてしまっている日本人は多いと思います。サポートし合える関係、地域づくりが必要。
  • 互いに文化や習慣を知らないとうまくいかない。
  • バイト先で外国人の方が良く働いていたり、地域で外国人の友達ができたが、周りの目が厳しい。もっと外国人の方への地域の方の理解や共生感が必要と感じる。
  • 小学校等でモスクなど訪問できると、他国の文化や他国の友達との距離が縮まるのではないか。
  • 各学校へ母語学習支援員を配置する。子供への支援の影響は大きいです。
  • 街の色々な場所に英語の他にも他国言語の説明があるとよいと思う。
  • 外国人市民の生活のための多言語パンフレット。医療、交通、観光、外食などに関する多言語での情報提供が望まれる。
  • 多文化共生は国籍の問題だけでなく、ジェンダーの違いなど様々な異なるバッググランドを持つ人同士がともに生きることだと思います。中村区には外国籍の方々がたくさんいるので、国際理解は非常に重要な課題だと思いますが、今後はLGBTやシングルマザー/ファザーなど色々なマイノリティに対しての支援や多文化共生活動に力を入れていってほしいと思います。
  • 情報共有が不十分。日本人区民が理解していないことを外国人が理解できるわけがない。
  • 今年はコロナで中止が多いが各学区の夏の盆踊り、運動会等に外国人も参加できるようなものを作っていく。区民まつりも外国人向けの事をやるようにする。

10 新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止についておたずねします。

問10‐1 「新しい生活様式」を実践していますか。

  1. 実践している 88.3%
  2. 実践していない 7.0%
  3. 未回答 4.7%

問10‐2 実践されている「新しい生活様式」は何ですか。※問10‐1で「1」とお答えの方におたずねします。(回答はいくつでも)

  1. 人との間隔はできるだけ2m(最低1m)空ける 66.3%
  2. 外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用する 86.4%
  3. 感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える 66.1%
  4. 地域の感染状況に注意する 51.1%
  5. まめに手洗い・手指消毒をする 89.8%
  6. 「3密」(密集、密接、密閉)を回避する 77.7%
  7. 買い物は通販も利用する 31.0%
  8. 公共交通機関の利用に替えて、徒歩や自転車も利用する 42.4%
  9. 食事は持ち帰りや出前、デリバリーも利用する 33.1%
  10. テレワークやローテーション勤務を行う 13.7%
  11. 時差出勤を行う 8.8%
  12. その他 2.2%
  13. 未回答 0.4%

問10‐3 新型コロナウィルス感染症に関する情報はどこから入手していますか。(回答はいくつでも)

  1. 厚生労働省や内閣府等の国の機関の公式ウェブサイト 14.9%
  2. 愛知県や名古屋市の公式ウェブサイト 15.2%
  3. 医療機関 5.1%
  4. 新聞やテレビ・ラジオのニュース 72.6%
  5. ワイドショー等の情報番組や週刊誌 37.5%
  6. SNS 13.9%
  7. 口コミ 6.7%
  8. その他 3.2%
  9. 未回答 19.7%

問10‐4 その他、新型コロナウィルス感染症に関連して、こういった情報を知りたい等ご意見などがございましたら、ご自由にお書きください。(回答数:120件)

※下記のご意見等は、いただいたご回答の一部を掲載しております。

  • 感染した場合の連絡先及び医療機関への対応先。
  • 発熱がある時病院で受診しづらい。
  • 愛知県とか名古屋市とか言った感染症者の人数ではなく、中村区とかいう範囲の人数を知りたい。
  • ワクチンについて。打てるようになったらどこの病院でも打てるのか、インフルエンザのように毎年打つのか、いくらぐらいかかるのか等。

11 中村区のこれからのまちづくりについておたずねします。

問11 「より良い中村区」をめざすうえで、今後特に力を入れて欲しいことは何ですか。(回答は3つまで)

  1. 地域防災力の向上 37.3%
  2. 交通事故・犯罪防止などの啓発活動 52.4%
  3. 清潔で快適なまちづくり 43.2%
  4. 安心して子育てができるまちづくり 32.0%
  5. 高齢者が安心して暮らせるまちづくり 46.5%
  6. 障害者が安心して暮らせるまちづくり 18.1%
  7. 歴史、地域資源などの魅力にみちたまちづくり 12.9%
  8. 文化・芸術・スポーツ活動などの活力にみちたまちづくり 14.4%
  9. 地域コミュニティの交流が盛んなまちづくり 13.2%
  10. その他 1.7%
  11. 未回答 2.6%

12 その他、中村区政全般や区役所について

問12 中村区政全般や区役所についてお気づきの点やご意見などがございましたら、ご自由にお書きください。(回答数:243件)

※下記のご意見等は、いただいたご回答の一部を掲載しております。

1. 区役所等の駐車場や庁舎に関する意見(43件)

  • 現在の区役所は大変に手狭ですので、新しい区役所に大いに期待しています。ぜひ明るい区役所にしてください。
  • 中村区役所の新館建設状況はどうなっているのか知りたい。
  • 区役所の駐車場増やしてほしいです。
  • 相談したいことがあった時具体的にどこへどう相談していいのか分からない。

2. 区役所等の窓口対応に関する意見(35件)

  • 外国人区民が多くなっています。区役所でぐらいせめて英語での対応ができるべきで、若い人リタイヤした人でも英語のできる人は多数います。失業者対策としてもいかがかと。
  • 区役所での手続きの際、常時受付案内職員の方がおられ誰にも親切に行き先を指示されます。感謝します。新区役所ではさらなる取り組みを望みます。
  • 窓口手続きに時間がかかり過ぎる。待ち時間をWebで見れるようにしてほしい。

3. 区政運営にに関する意見(32件)

  • もっと市民と交流を持ってからやった方が良いと思う。金の動きや人の動きなど役所の人の動き・考えが市民は分からないから、本当に変えたいならそっちが表面じゃなく心から心を開いて接してからにしてほしいです。
  • 役所の人たちも色々知恵を絞って考えてもらっていると思うのですが、一般の人までいきわたってないような気がします。役員の人だけとか地域に携わっている人が色々なことをするだけで感心がない限り、色々なことをしても意味がないのかな。私自身もそうだから。
  • 区政が良く分かりません。もっと情報発信すべき。

4. 防犯、交通安全、地域のまちづくりに関する意見(31件)

  • 名古屋駅裏(西側)を大規模開発してほしいです。暗いイメージで名古屋駅のすぐ近くなのに、全く雰囲気が違って好きになれません。中村区のイメージが悪い一つの原因だと思います。
  • 中村公園の「九の市」をマルシェのような若者向けのものにしてほしい。
  • 誰かが暮らしやすいよりも皆が安心して暮らしやすいまちづくりが最高だと思う。歴史や文化を大事にするよりも、新しい歴史を作ることの方が大事だと思う。大会やコミュニティよりも施設や道路の整備、防犯カメラや街灯、道路の死角を減らす、住みやすい街づくりをしてほしい。

5. 災害対策に関する意見(10件)

  • このようなアンケートに答え、大規模災害に対する備えができていないことを知った。もっと関心を持ちたい。講座などがあれば参加したい。

6. 交通手段に関する意見(9件)

7. ごみや美化、動物に関する意見(9件)

  • 可燃ごみの収集を夜カラスが活動しない時間帯に収集すれば、道路に生ごみが散らからずきれいな街づくりができると思います。中村区をモデル地区としてぜひご検討を

8. 高齢者やその他福祉に関する意見(9件)

  • 独居の高齢者が豊かに暮らすことができる地域コミュニティーを望みます。

9. 子どもや育児に関する意見(8件)

  • もっと保育園を増やしてほしいです。また学校給食についてもっと質をあげてほしい。食育を大切にしてほしい。

10. 名古屋市政に関する意見(7件)

11.  生活保護やホームレスに関する意見(3件)

12.  その他の意見(47件)

アンケートをお願いした皆さまへ

貴重なご意見を多数いただき、ありがとうございました。このアンケート結果を活用し、中村区のより良いまちづくりに努めてまいります。

調査結果については、こちらからダウンロードができます。

令和2年度中村区区民アンケート実施結果

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

中村区役所区政部企画経理室

電話番号

:052-453-5492

ファックス番号

:052-451-7639

電子メールアドレス

a4535392@nakamura.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ