ページの先頭です

令和3年度 総合水防訓練WEB開催中!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年6月7日

ページの概要:令和3年5月30日(日曜日)西中島小学校で予定していた総合水防訓練は、新型コロナウイルス感染症の急激な感染拡大を受けて中止となりました。代わりに出水期の始まりである6月から1ヶ月間、予定していた訓練内容を紹介させていただきますのでご覧ください。

訓練概要

大規模発災時に小学校は、避難所となるとともに、地域の統括的な役割を果たす地区本部となるなど学区の重要拠点です。

そこで必要となることや台風、集中豪雨に備えてそれぞれ各自でできることなど実践的な内容を行います。訓練項目は以下のとおりです。

  1. 無線伝達訓練、備蓄物資等の点検・確認(中川区役所)
  2. パーテーションの作成、浸水時の清掃方法など(名古屋なかがわ災害ボランティアネットワーク)
  3. 簡易水防工法訓練(中川消防署、西中島学区消防団)
  4. ペットの災害対策(中川区保健福祉センター、名古屋市動物愛護推進員中川区会)
  5. 仮設トイレ設置訓練(中川環境事業所)
  6. 土のう作製訓練(中川土木事務所、(社)名古屋建設業協会、西中島学区消防団)
  7. 地下式給水栓開設訓練(上下水道局中川営業所、指定水道工事店協同組合 中川支部)

さあ訓練をはじめよう!

1.無線伝達訓練、備蓄物資等の点検・確認(中川区役所)

無線訓練の写真

災害時に小学校は、区役所と地域をつなぐ学区の防災拠点となります。
配備されているデジタル移動無線を実際に使用し、被害状況の報告や救援物資の依頼などを行います。

無線機の使い方

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く
備蓄物資の写真

小学校には、避難所運営に必要な資機材や備蓄物資が保管されています。
有事の際に適切に使用できるよう、定期的に保管場所や使用方法を確認しましょう。
特に発電機は、その性質上1年に1回程度の試運転を行う必要があります。

2.パーテーションの作成、浸水時の清掃方法など(名古屋なかがわ災害ボランティアネットワーク)

パーテーションの写真

長期間にわたる避難所生活において、プライバシーの確保や飛沫感染防止のため、パーテーションを使用します。
園芸用品や段ボールなど、手軽に準備できる資材を使い、パーテーションの作成を行います。

【「パーテーションの作成手順」のファイルについてはテキスト情報のない画像データになります。内容を確認したい場合は「中川区役所総務課(363-4309)」までお問い合わせください】
床下浸水時の清掃方法などの紹介

家屋が浸水した場合、目に見えない床下に被害を受けていることがあり、最悪の場合健康被害をもたらすこともあります。
浸水被害にあったときの対応、清掃の仕方などについて説明を行います。

3.簡易水防工法訓練(中川消防署、西中島学区消防団)

簡易水防工法の写真

簡易水防工法とは、小規模な水災で水深の浅い初期段階で行う対策で、床下浸水等を防ぐ工法です。
家庭でも簡単に用意できる、ポリタンク・プランター・レジャーシート等を使用し、簡易水防の作製を行います。

4.ペットの災害対策(中川区保健福祉センター、名古屋市動物愛護推進員中川区会)

ペット災害対策の写真

飼主が備えておくべきペットの災害用品や、避難所に避難した場合にトラブルなく過ごすために必要なペットのしつけに関する説明を行います。

5.仮設トイレ設置訓練(中川環境事業所)

仮設トイレ設置の写真

避難所には「汲み取り式」・「下水道直結式」などの災害用仮設トイレが備蓄されています。
仮設トイレの種類や設置手順等を説明し、実際に汲み取り式トイレの組み立てを行います。

6.土のう作製訓練(中川土木事務所、(社)名古屋建設業協会、西中島学区消防団)

土のう作製訓練の写真

土のう袋は、家屋の入口等に置くことで水の侵入を軽減することができます。
土のう作製手順を説明し、実際に土のう作製や積み込みの作業を行います。

7.地下式給水栓開設訓練(上下水道局中川営業所、指定水道工事店協同組合 中川支部)

地下式給水栓開設訓練の写真

被災時には緊急の水需要に応えるため、応急給水施設・給水車等による給水を実施しています。
応急給水施設のうち、地域の皆様が自ら操作して飲料水を確保する「地下式給水栓」の設置方法について説明し、実際に操作を行います。

訓練終了にあたって

現在、新型コロナウイルス感染症により、思うように地域活動が行えない状況にあろうかと思います。

しかしながら、災害はコロナ禍においてもいつ起こるかわかりません。

たとえ地域における防災活動が難しい場合でも、それぞれ各自が日頃から防災対策を進めておくことで、

いざというときに地域の力を結集させ、災害対応に当たることができます。

今回のWEB訓練がその一助になれば幸いです。

このページの作成担当

中川区役所 区政部総務課庶務係

電話番号

:052-363-4306

ファックス番号

:052-363-4316

電子メールアドレス

a3634306@nakagawa.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ