ページの先頭です

第58回守山区民美術展 (Web展)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年10月15日

ページの概要:恒例の区民美術展を今年度はWeb展として開催し、入賞作品27点を掲載いたします。

概要

毎年秋に開催しております「守山区民美術展」ですが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、今年度は「Web展」として開催し、6部門(日本画、洋画、彫刻、工芸、書道、写真)の入賞作品27点を掲載いたします。

  • 8月3日(月曜日)から9月11日(金曜日)まで作品の募集を行い、総計66点の応募がありました。
  • 各部門ごとの審査会において、上位から順に市長賞、区長賞、美術振興会長賞、区政協力委員協議会議長賞、教育委員会賞、中日賞の選出を行いました。(該当者なしの賞もあります)

公開期間

10月15日(木曜日)から11月16日(月曜日)

主催・後援

主催…名古屋市、守山区役所、守山区美術振興会、守山区区政協力委員協議会

後援…名古屋市教育委員会、中日新聞社

審査員

守山区美術振興会役員・会員  ※50音順、敬称略

 (日本画)木村 光宏

 (洋画)上杉 孝行、 大柿 了一、 塚本 英一、 山田 正博

 (彫刻)三枝 優、 白坂 弘子

 (工芸)青山 祐子、 大野 比呂志、 西浦 良孝

 (書道)川本 大幽、 黒田 玄夏、志水 玉華、 松田 鶴鵬

 (写真)小林 三洋、 前田 政広、 水野 朝光

入賞作品

日本画

市長賞

題名 「私をかたづくる物」

出品者 服部 美代子

「私をかたづくる物」

〇審査講評
デッサン力を生かし、身近なモチーフを楽しく表現された、
とても良い作品だと思います。

美術振興会長賞

題名 「碧」

出品者 猿渡 緑

「碧」

〇審査講評
シュールな作品に見えますが、色彩をまとめ、思い切った仕上がりになっています。
月下美人と月の対比も面白いと思います。

区政協力委員協議会議長賞

題名 「め・ば・えの頃」

出品者 横井 幸男

「め・ば・えの頃」

中日賞

題名 「鴛鴦」(おしどり)

出品者 川口 幹夫

「鴛鴦」(おしどり)

洋画

市長賞

題名 「天使」

出品者 井上 憲俊

「天使」

〇審査講評
創造性が豊かな作品です。
色彩は重厚で落ち着いた感じがしますが、少しまとまり過ぎていて、訴え来るものが弱い感もあります。
構図に今後の飛躍を期待できます。

区長賞

題名 「森は生きている」

出品者 篠崎 富子

「森は生きている」

〇審査講評
森林の自由さがよく表現できている。
色彩に落ち着きがあり、秀作です。

美術振興会長賞

題名 「喜び」

出品者 花嬢 舞妃子

「喜び」

〇審査講評
現世から宇宙への道が開かれそうで、空間の取り方が上手く、マチエールも美しい。

〇出品者のコメント
コロナで気持ちが沈みがちですが、そんな中でも明るさ、希望を見つけて喜びを感じてほしいとの思いで製作しました。
スプレーで描いたイメージ画になっています。

区政協力委員協議会議長賞

題名 「人物」

出品者 安江 寿久

「人物」

教育委員会賞

題名 「新緑映える乗鞍岳」

出品者 中崎 淳子

「新緑映える乗鞍岳」

中日賞

題名 「北欧の街」

出品者 稲垣 鬨雄

「北欧の街」

彫刻

美術振興会長賞

題名 「星月観音像」

出品者 小出 信和

「星月観音像」

〇審査講評
細かい所までよく表現できています。

工芸

区長賞

題名 「きり絵(曼陀羅模様)」

出品者 臼井 礼司

「きり絵(曼陀羅模様)」

〇審査講評
切絵の彫技術が大変上手です。
曼陀羅の世界を表現するのに、型紙を藍色で染め上げたうえで、
丁寧に切り彫りされています。

〇出品者のコメント
和紙に曼陀羅模様を描き、切り抜きし、色を付けました。

区政協力委員協議会議長賞

題名 「流裂紋壺」

出品者 寺尾 賢一

「流裂紋壺」

教育委員会賞

題名 「貴婦人」

出品者 安藤 博明

「貴婦人」

中日賞

題名 「花器」

出品者 古野 司

「花器」

書道

市長賞

題名 「紅葉」(もみじ)

出品者 大谷 和子

「紅葉」(もみじ)

〇審査講評
超長鋒の妙味を巧みに使って、この詩の流れゆくさまをよく表現しています。
三段構えとした見せ方に明るさがあります。

〇出品者のコメント
秋の夕日に照る山もみじ
濃いも薄いも数ある中に
松をいろどる楓や蔦は
山のふもとの裾模様

渓の流に散り浮くもみじ
波にゆられてはなれて寄って
赤や黄色の色さまざまに
水の上にも織る錦

区長賞

題名 「倪元璐詩」(げいげんろし)

出品者 松田 紫鵬

「倪元璐詩」(げいげんろし)

〇審査講評
行草体の流れ美しく、余白が綺麗な明るい作品です。
潤渇のバランスも良く、立体感ある仕上がりとなりました。

美術振興会長賞

題名 「孫過庭の書論」

出品者 井上 稔子

「孫過庭の書論」

〇審査講評
北魏の臨書に依る錬度を思わせる力強い筆法に未来を感じ、
今後に期待が持てる作品です。

区政協力委員協議会議長賞

題名 「山と緑」

出品者 坂 みゆき

「山と緑」

教育委員会賞

題名 「臨爨宝子碑」(りんさんぽうしひ)

出品者 宮原 昂大

「臨爨宝子碑」(りんさんぽうしひ)

〇出品者のコメント
将軍建寧
太守爨府

中日賞

題名 「三つひと春遅玉越ながして」

出品者 長谷 喜代子

「三つひと春遅玉越ながして」

写真

市長賞

題名 「幻の竜」

出品者 河田 悦夫

「幻の竜」

〇審査講評
見方を工夫することにより、意図しないものが見えてくる面白さがあり、良い作品だと思います。

〇出品者のコメント
深い森の写り込みがとてもきれいだった。
よく見るとなんと竜が現れた。

カメラ:NIKON D500
レンズ:AF-S NIKKOR 16-80mm
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/200
ISO:200
撮影場所:新城市富岡 五葉湖

区長賞

題名 「ぬくもりの館」

出品者 三輪 茂

「ぬくもりの館」

〇審査講評
汚れた白壁を背景に中央の扉、左右の壺や植木鉢の配置が絶妙で一枚の絵のようです。
上部の黒い屋根がシルエットになり、画面を引き締めています。

〇出品者のコメント
カメラ:NIKON D7000
撮影場所:浜松市、ぬくもりの森
撮影日:2019年11月

美術振興会長賞

題名 「ダース・ベイダー」

出品者 鈴木 克美

「ダース・ベイダー」

〇審査講評
視点が面白いと思います。
人と違った所に目が行くよう、心掛けるとよいと思います。

〇出品者のコメント
紅葉を撮りに行って、出来上がったら・・・。

区政協力委員協議会議長賞

題名 「相性抜群」

出品者 佐藤 貴子

「相性抜群」

教育委員会賞

題名 「深淵に射す光」

出品者 大曽根 大典

「深淵に射す光」

〇出品者のコメント
秋の葉洩れ日が射し込み、森の樹木の影を浮き立たせる・・・
まるで、淵の底へ射し込む光のように地面の根の広がりを強調しています。

中日賞

題名 「遊ぼうよ。」

出品者 梅村 隆夫

「遊ぼうよ。」

その他

各部門の市長賞、区長賞(彫刻部門は美術振興会長賞)を受賞された作品は、名古屋市民美術展に出品を予定しています。

(出品者の都合により、出品されない場合があります)

名古屋市民美術展

日時

11月17日(火曜日)から22日(日曜日)

午前9時30分から午後7時まで

(最終日は午後4時まで)

会場

名古屋市民ギャラリー栄

7階第1から第5展示室

(地下鉄東山線・名城線「栄」駅下車12番出口東へ徒歩1分)

入場料

無料

このページの作成担当

守山区役所区政部地域力推進室生涯学習担当

電話番号

:052-796-4527

ファックス番号

:052-796-4508

電子メールアドレス

a7964527@moriyama.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

イベントのご案内に戻る

第58回守山区民美術展 (Web展)の別ルート

ページの先頭へ