ページの先頭です

【発見、瑞穂のものヂカラ!】「いろんなものに印刷してみよう!」を開催しました。

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年1月19日

ページの概要:発見、瑞穂のものヂカラ!ブラザー編(令和2年7月30日開催)の実施を報告するページです。

「発見、瑞穂のものヂカラ」ってどんなイベント?

区内にある企業にご協力をいただき、未来を担う子どもたちを対象に、企業を訪問し、見て、知って、体験し、地域にあるものづくり企業やものづくり産業の役割を学び、地域への愛着を高めるとともに、産業人材の育成につなげるイベントです。

「いろんなものに印刷してみよう!」ブラザー編

訪問日:令和2年7月30日(木曜日)

訪問先:ブラザーミュージアム

協力:ブラザー工業株式会社

会場の様子

紙じゃなくても印刷できる!ーボールペン、布カバン、シールに印刷ー

ボールペンに印刷

強力なレーザー光線(緑色の光)でボールペンの表面を高熱にして変色させ字を書きます。

布カバンに印刷

大きくした家庭用プリンターのような印刷機で印刷します。アイロンで加熱すると洗濯しても落ちません。

シールに印刷

細いシールのラベルにイラストや名前を印刷します。

他にも、刺繍ミシンやスマホの画像印刷など体験をしました。

ミシンがいっぱい!

ブラザーミュージアムには歴代の世界のミシンが展示してあります。現在のミシンは刺繍を自動で行えるなど進化を遂げています。

ミシン以外にも、プリンターや工作機械などの展示や、ブラザーの歴史の紹介などのコーナーがあります。

世界中の歴代のミシン
刺繍ミシン

ブラザー工業の始まり

ブラザー工業の創業者の父が、ミシン修理店を創業したのが始まりです。その後、兄弟で力を合わせてミシンの国産化と海外での販売を目指しました。麦わら帽子を縫うミシンの開発を経て、家庭用ミシンを開発・輸出を始めました。

社名ともなっている「ブラザー」は兄弟が力を合わせた成果を表しています。

こんな活動にも取り組んでいる!

環境保護活動!

世界各地で従業員が地域社会と連携・共同しながら環境保護活動を行っています。

【主な活動】

  • 植樹や外来種除去活動(日本)
  • 絶滅危惧種のマンタの生態系調査支援(オーストラリア) など。
マンタ

日めくり絶滅危惧種

絶滅危惧種や地球環境を身近に感じられるきっかけづくりとして「日めくり絶滅危惧種」をウェブサイトで公開しています。

【主な絶滅危惧種】

キリン・コアラ・スマトラトラ など。

東山動植物園で飼育されている動物もいるので見に行こう!

スマトラトラ

参加者の声

  • 布やボールペンなどいろいろな物に印刷できることが印象に残った。
  • ミシンだけでなく工業機械など、いろいろなものを製造してきたブラザーの歴史や進化を発見! など。

発見、瑞穂のものヂカラ!ブラザー編

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

瑞穂区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-852-9302

ファックス番号

:052-852-9306

電子メールアドレス

a8529302@mizuho.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ