ページの先頭です

東海道と400年記念事業、そしてタイムカプセルへ

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年2月14日

南区東海道宿駅制度400年記念事業

 東海道は南区の代表的な歴史資産であり、街道の周辺には笠寺観音や笠寺一里塚、富部神社など有名な史跡があります。

笠寺一里塚の写真

笠寺一里塚

富部神社の写真

富部神社

 2001年(平成13年)に、東海道に宿駅が敷かれてから400年目を記念して、全国的に記念事業が開催されました。
 南区でも「南区東海道宿駅制度400年記念事業実行委員会」が結成され、街道と周辺の史跡を舞台にパレードやクイズラリーなどのイベントが行われました。
 子どもからお年寄りまで述べ5,000人がこのイベントに参加し、東海道は大にぎわいとなりました。

クイズラリーの様子 写真

クイズラリー

パレードの様子 写真

パレード

後目譚 そして、2051年ヘ

 「南区東海道宿駅制度400年記念事業」が大成功に終わり、一年が過ぎた平成14年、地元の人々の発案により、事業の成果を後世に継承するタイムカプセルが400年記念石碑の立つ長楽寺に埋められました。
 タイムカプセルには、写真やメッセージが納められ、宿駅制定から450年目にあたる2051年に開けられることになっています。

長楽寺でタイムカプセルを埋める様子 写真
タイムカプセルの写真

このページの作成担当

南区役所区政部地域力推進室安心・安全で快適なまちづくりの企画担当

電話番号

:052-823-9325

ファックス番号

:052-811-6360

電子メールアドレス

a8239322-02@minami.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ