ページの先頭です

名古屋市陽性者登録センター

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2022年9月26日

名古屋市陽性者登録センターの概要

 新型コロナウイルス感染症患者の急増に伴い、これまで以上に診療・検査医療機関への受診の集中が考えられることから、診療・検査医療機関への受診の集中を緩和し、症状が無症状もしくは軽症の方について迅速な陽性判定ができるよう「名古屋市陽性者登録センター」を設置します。自ら抗原検査キットを使用した結果、陽性であった方並びに愛知県が実施しているPCR等検査無料化事業の結果、陽性であった方の陽性判定を行います。また、令和4年9月26日からは医療機関に受診された方で発生届の対象とならない方のうち、療養サービスを希望される方についても登録対象として追加いたします。

対象者(以下の要件を全て満たす者)

【医療機関を受診された方】

  1. 名古屋市内にお住まいの方
  2. 発生届の対象とならない方のうち、宿泊療養や配食サービスを希望する陽性者

【上記以外の方】

  1. 名古屋市内にお住まいの方
  2. 「自ら使用した国認可の抗原検査キットの結果」又は「愛知県が実施しているPCR等検査無料化事業の結果」
    が陽性であった方
    注 検査キットについては、体外診断用医薬品として承認されたものに限ります。承認情報は、
       厚生労働省ホームページ(外部リンク)別ウィンドウで開くで御確認いただけます。
    注 PCR等検査無料化事業については、愛知県ホームページ(外部リンク)別ウィンドウで開くに掲載されている
     登録事業者(ただし、医療機関除く。)に限られます。
  3.  次の要件を満たす方
    ア 申請時の症状が無症状又は軽く安定している方(受診不要と自身で判断できる場合)
    イ 年齢が65歳未満の方のうち、基礎疾患をお持ちではない方
    ウ 肥満(BMI30以上)ではない方
    エ 妊娠していない方 
  4. 療養解除日を迎えていない方
    注 有症状の場合、発症日の翌日から起算して7日以内の方、無症状の場合は、検体採取日の
     翌日から起算して7日以内の方

申請時に必要となるもの

  1. 本人確認書類の写真データ 以下のいずれか1つ
    ア 運転免許証、マイナンバーカード(表面のみ)
    イ 健康保険証、年金手帳、年金証書
    注 健康保険証、年金手帳、年金証書を本人確認書類とする場合は、被保険者記号・番号、
       基礎年金番号等が確認できないようにマスキングして撮影してください。画像編集アプリ等で
      編集されたものは対象外となります。
    ウ パスポート、在留カード、特別永住者証明書、運転経歴証明書
  2. 自ら検査キットを使用し検査を実施した場合
    ア 検査キットの品目名、製造販売業者名がわかるものの写真データ
    イ 検査結果の判定ラインが明確に確認できる写真データ
  3. PCR等検査無料化事業で検査を実施した場合
    ア 検査事業所名がわかる写真データ
    イ 「検査結果通知書」又は「アプリの検査結果を示す画面」が確認できる写真データ
  4. 医療機関を受診された場合
    医療機関を受診した結果、陽性とわかる写真データ
    例 医療機関配布リーフレット「新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けた方へ」の医療機関記載欄の面
注 名古屋市陽性者登録センターでは、ご登録いただいた写真データで本人確認と陽性者の判断をいたします。
 登録内容と相違がある場合や写真データが不鮮明な場合はご登録いただけませんのでご注意ください。

実施期間

令和4年8月10日水曜日から当面の間

受付時間

24時間
注1 ただし、1日の登録上限件数である3,000件に達した場合はその限りではない。
注2 登録上限件数に達した場合は翌日午前9時から受付を再開。
注3 原則、午後7時までに登録された方は当日中にメールでご連絡いたします。
    午後7時以降に登録された場合は、翌日のご連絡になります。 

陽性者登録フォーム

以下の登録フォームから陽性者の登録をしてください。

陽性者登録フォーム(外部リンク)別ウィンドウで開く

誤った内容で登録いただいた場合、療養サービス等が受けられないことがありますのでご注意ください。

お問い合わせ

登録方法等、ご不明な点がありました以下のフォームより必要事項を記入の上、送付してください。
なお、電話でのお問い合わせには対応しておりませんのでご了承ください。

お問い合わせフォーム(外部リンク)別ウィンドウで開く
受付時間 午前9時から午後7時まで

よくあるお問い合わせはこちら

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く