ページの先頭です

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の概要等について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2022年10月27日

ページID:148182

令和3年度住民税非課税非課税世帯向けと家計急変世帯向けの受付は終了しました

名古屋市臨時特別給付金コールセンター

名古屋市の住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に関することは、名古屋市臨時特別給付金コールセンターにお問い合わせください。

名古屋市臨時特別給付金コールセンターの電話番号は050-3135-3260です。

(注1)0と2や5と8を間違え、誤って別の相手方に電話しているケースが発生しています。電話番号をよく確認し、おかけ間違いのないように注意してください。
(注2)市役所や区役所(支所)では受付を行っていませんのでご注意ください。感染症拡大防止のためにも、市役所や区役所(支所)への不要不急な来庁はお控えください。

臨時特別給付金の概要

国の決定に基づき、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、また、真に生活に困っている方々への支援措置の強化として、令和4年度住民税非課税世帯等に対して、1世帯あたり10万円の臨時特別給付金を支給します。

支給の対象となる世帯

令和4年度住民税非課税世帯

基準日(令和4年6月1日(水曜日)をいいます。以下同じです。)において名古屋市に住民登録があり、世帯全員の令和4年度分住民税(均等割)が非課税の世帯

(注1)令和3年度住民税非課税世帯又は家計急変世帯として、既に同給付金を受給した世帯と同一の世帯又は当該世帯の世帯主であった方を含む世帯は対象ではありません。
(注2)令和3年12月10日(金曜日)時点で、いずれの市区町村にも住民登録がない場合は支給対象ではありません。
(注3)住民税が課税されている方の扶養親族等のみから構成される世帯は対象ではありません。
(注4)名古屋市市税減免条例により住民税の全部が減免されている方は、「住民税(均等割)が非課税」に該当します。
(注5)租税条約に基づき住民税を免除されている方を含む世帯は対象ではありません。

支給手続きの方法

令和4年度住民税非課税世帯

  1. 名古屋市が対象世帯に氏名等を印字した確認書を、令和4年6月15日から順次発送しました。
  2. 確認書の内容を確認し、名古屋市に確認書を郵送で提出してください。
  3. 名古屋市が、臨時特別給付金を指定口座に振り込みます。

支給手続き方法は以下の動画も参考にしてください。(名古屋市公式YouTube「まるはっちゅーぶ」)

提出期限

令和4年9月30日(金曜日)

詐欺被害に注意してください

本給付金をよそおった詐欺には十分ご注意ください。

  • 名古屋市・愛知県・国等がATM(銀行、コンビニなどの現金自動預払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 名古屋市・愛知県・国等が支給のために、手数料等の振込を求めることは絶対にありません。
  • 現時点で、名古屋市・愛知県・国等が市民の皆様の世帯構成や口座情報(口座番号や暗証番号等)等の個人情報を電話等で聞いたりすることは、絶対にありません。
ご自宅や職場等に、市役所や区役所(支所)、または愛知県や国(の職員)等をかたった電話がかかってきたり、不審な郵便物が届いたりしたら、迷わず、最寄りの警察署にご連絡ください。

このページの作成担当

名古屋市臨時特別給付金事務処理センター
電話番号: 050-3135-3260
ファックス番号: 052-228-2774
電子メールアドレス: kyufukin@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

ページの先頭へ