ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症にかかられた方への積極的疫学調査について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年7月1日

新型コロナウイルス感染症にかかられた方については、診断した医師から最寄りの保健所に発生届が提出されます。この発生届がお住いの区の保健センターに届くと、積極的疫学調査のためにご連絡します。調査の際には保健センターの固定電話に加え、専用の携帯電話も用いています。

なお、一部の民間検査機関で検査を受けた場合、東京都など名古屋市外の医療機関がオンライン等で診断を行っていることがあります。この場合、発生届は医療機関がある地域の保健所に提出されますので、お住いの区の保健センターに発生届が転送され、ご連絡するまでに通常よりも時間がかかります。

積極的疫学調査で確認する内容

患者本人の個人情報

本人確認と連絡先

患者本人の情報が、発生届と間違いないか確認します。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日と年齢
  • 住所
  • 電話番号や電子メールアドレス

勤務先や通学先など

2か所以上にお勤めの方、通学しながらアルバイトなどをされている方は、それぞれについて確認します。

  • 勤務先/学校名
  • 勤務先/学校の所在地
  • 勤務先/学校の連絡先と担当者
  • 最終出勤/出校日

患者本人以外の緊急連絡先

患者本人へ連絡が取れなくなった場合、安否確認のために連絡をすることがあります。

  • 氏名
  • 患者本人との関係
  • 住所
  • 電話番号

症状や基礎疾患などについて

基礎疾患など

重症化のリスクや療養に影響を及ぼす疾患について確認します。

  • 現在治療中の疾患や服用している薬
  • 過去に入院や手術をした疾患
  • 妊娠の有無(女性の場合)
  • 喫煙の有無(吸ったことがない、過去に吸っていた、吸っている)
  • 認知症の有無、介護の要否(高齢者などの場合)
  • 身長、体重(BMIが30以上の方は重症化しやすいといわれています)
  • ワクチン接種歴(ワクチンの種類・回数・接種を受けた日)

症状の経過

最初に体調不良を感じた日から、保健センターの調査を受けた日までの症状の経過を確認します。特に以下の情報は重要です。

  • 体温
  • 咳(咳嗽)
  • 息苦しさ(呼吸困難感)
  • 体のだるさ(全身倦怠感)
  • 下痢
  • 食事の量(普段と比べてどれくらいか)
  • 水分摂取の量(普段と比べてどれくらいか)

感染源や接触者について(行動調査)

どこで新型コロナウイルスに感染し、誰に感染させている可能性があるかを確認することで、感染拡大を食い止めるための対策につなげることができます。

感染源について

発症7日前から3日前までの行動歴を主に確認します。この期間に思い当たる感染源がない場合は、発症14日間前までさかのぼって確認します。

「いつ、どこに外出したか」、「誰と、どのように接触したか」メモを作っておくと、調査が円滑に進みます。

接触者について

発症2日前以降に接触した方へ、新型コロナウイルスを感染させている可能性があります。感染源の調査と同様に、「いつ、どこに外出したか」、「誰と、どのように接触したか」確認します。

接触した方について、あらかじめ次の事項を調べておくと、調査が円滑に進みます。

  • 氏名
  • 生年月日または年齢
  • 実際に住んでいる場所の住所
  • 電話番号
  • 接触した状況や時間

このページの作成担当

健康福祉局新型コロナウイルス感染症対策部新型コロナウイルス感染症対策室新型コロナウイルス感染症対策担当

電話番号

:052-972-4389

ファックス番号

:052-972-4376

電子メールアドレス

a4389@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ