ページの先頭です

新型コロナウイルスワクチンの接種について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年11月29日

ページの概要:市民を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種について

  • 名古屋市内で実施しているワクチン接種についての情報や予約方法について
  • 大規模集団接種会場での1・2回目接種は11月17日をもって終了しました。
  • 集団接種会場での1・2回目接種は11月28日をもって終了しました。 

  ※予約済みの方が、予約内容の確認や予約のキャンセル等をされたい場合も、予約サイトから行うことができます。



  • ワクチンに関するFAQサイトへのリンク

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について

ワクチンを2回接種しても、時間の経過とともにワクチンの有効性が低下することが報告されています。そのため、2回目の接種から原則8ヶ月以上経過した後に3回目の接種を受けられます(費用負担はありません)。

実施期間

令和3年12月1日から令和4年9月30日まで

接種対象者

2回目の接種から原則8ヶ月以上経過した方(当面、3回目の接種日時点で18歳以上の方)

※8ヶ月後に同日がない場合は、その翌月の1日から3回目の接種が可能となります。

例1:令和3年6月1日に2回目接種 → 令和4年2月1日から3回目接種可能

例2:令和3年6月30日に2回目接種 → 令和4年3月1日から3回目接種可能

使用するワクチン(3回目接種)

現在、3回目の接種に使用が認められているのは、ファイザー社ワクチンのみとなります。

※今後の薬事承認等の状況を踏まえ、使用するワクチンは追加される可能性があります。

接種券発送予定日

接種を受けられる時期が近づきましたら、順次送付する予定です。

発送状況(予定を含む)
2回目接種完了日発送日
令和3年4月30日以前令和3年11月22日
令和3年5月1日以降詳細が決まり次第お知らせします
封筒のイメージ

接種の予約

  • 接種券を受け取った後に予約してください。
  • 本市の接種券は予診票一体となっています。
  • 接種当日は、接種券を必ずご持参ください(※忘れた場合は接種できません)。

接種券発行の申請手続き

次に該当する場合には、接種券の発行申請が必要となります。
申請方法の詳細は、「接種券発行・再発行について」のページをご確認ください。

接種券の発行申請が必要な場合

  • 市外で2回目の接種を受けた後、市内に転入した場合
  • 海外で2回接種を受けた場合※
  • 海外での接種と国内での接種を組み合わせて2回接種を受けた場合※
  • 国内で2回接種を完了しているが、VRS(ワクチン接種記録システム)の登録誤り等により、本市で接種記録を確認することができない場合
  • 接種券に記載の住所と住民票に記載の住所が異なる場合
  • 海外在住邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種を受けた場合※
  • 在日米軍従事員接種で2回接種を受けた場合※
  • 製薬メーカーの治験において2回接種を受けた場合※ 
  • 上記のほか、接種対象者であるにも関わらず接種券が届かない場合

 ※ファイザー社、武田/モデルナ社又はアストラゼネカ社の新型コロナワクチンの接種を受けた場合に限る。

今後の新型コロナウイルスワクチン1・2回目接種について

ワクチン接種には予約が必要です。また、予約をするには、名古屋市からお送りするクーポン券が必要です。

令和3年9月15日現在、接種対象(年齢12歳以上)の方全員について、クーポン券の発送が完了し、接種の予約を受け付けています。(指定の医療機関のみ

※年齢は令和3年8月末現在のものになります。

※今後12歳を迎える方については、誕生月の翌月上旬より、クーポン券の発送を順次行います。

新型コロナウイルスワクチンの接種対象者の詳細や、クーポン券の再発行についてはこちらからご確認ください。

        名古屋市における新型コロナワクチンの接種状況について

        名古屋市新型コロナウイルス感染症対策特設サイト(外部リンク)別ウィンドウ

        特設サイトにて、名古屋市における新型コロナワクチンクーポン券の発送状況、これまでの接種状況及び集団接種会場の予約状況などを確認することができます。

        【医療従事者向け】名古屋市新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場及び集団接種会場に従事する医療職の被扶養者の収入確認の特例について

        新型コロナウイルスワクチン接種業務に従事する医療職の被扶養者の収入確認の特例について


        ※「名古屋市が運営する大規模接種会場及び各区の集団接種会場」で従事した医療職の方が対象となりますのでご注意ください。

        医療機関等での個別接種について

        11月以降の登録医療機関について

        今後12歳に達する方を中心に、引き続き希望する方が接種を受けられるよう11月以降は接種医療機関を限定して個別接種を継続します。

        なお、掲載する登録医療機関については、かかりつけ患者でなくても受け入れ可能で、小児以外の1回目接種または2回目接種の未接種者も受け入れ可能となります。また、一部の医療機関を除き、以下の場合にも対応可能です。

        ・10代及び20代の男性に限り、1回目にモデルナ社ワクチンを接種した方で、2回目にファイザー社ワクチンの接種を希望される場合

        ・12月中に追加接種(3回目)時期を迎える方(医療従事者等)で接種を希望される場合

        下記添付ファイル「(小児等)登録医療機関一覧」からご確認ください。


        市内のワクチン接種の登録医療機関について

        上記以外の登録医療機関においても、ワクチンの在庫状況により接種を実施している医療機関があります。厚生労働省が公開する「接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」」でご確認ください。

         

        登録医療機関で接種することを希望する場合にも、原則として予約が必要となります。(医療機関によっては予約を必要としていないことがあります。)また、ワクチン接種には、原則として名古屋市からお送りするクーポン券が必要です。

        予約の際は、最新の予約受付状況や予約方法、連絡先などを、厚生労働省が公開する「接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」」でご確認いただき、該当の医療機関にお問い合わせください。


        二次元コード(接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」)

        なごや新型コロナウイルスワクチン接種プランについて

        ワクチン接種にあたり、名古屋市の新型コロナウイルスワクチン接種に係る方針と実施計画を取りまとめた「なごや新型コロナウイルスワクチン接種プラン」を公表しています。
        なごや新型コロナウイルスワクチン接種プランについて

        〈ページの一番上にもどる〉

        新型コロナワクチンの接種は強制ではありません

        新型コロナワクチンの接種は強制ではなく、ご本人の意思に基づき実施されるものです。

        接種を受けていない方、接種を希望されない方や病気等の理由で接種ができない方等が、接種の強制、差別的な扱い、偏見、不利益な取り扱い等を受けることは、絶対にあってはなりません。

        職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

        新型コロナウイルスワクチン接種についてのお問い合わせ先

        名古屋市の接種会場や接種予約に関すること

        なごや新型コロナウイルスワクチンコールセンター
         受付時間 午前9時から午後5時30分(平日のみ)
         電話番号 050-3135-2252

        現在、コールセンターへのお掛け間違いにより、市民の方へご迷惑をおかけする事態が多く発生しています。お電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願い申し上げます。
         コールセンターがお電話を受けた際には、コールセンターの名前を名乗ります。それ以外の場合はお電話番号を間違えております。

        ※集団接種会場での接種予約はこのコールセンターから予約できますが、クーポン券を受け取った後でないと予約できません。
        ※聴覚に障害をお持ちなど、電話での問い合わせが難しい方は、ファクス(ファクス番号 052-972-4386)などでお問い合わせください。なお、ファクスでは接種予約はできませんのでご注意ください。

        ワクチン接種予約にかかるキャンセル及び接種券再発行について

         受付時間 午前9時から午後5時30分(土曜日・日曜日・祝日も実施)
         電話番号 052-228-7874

        ※ワクチンを無駄にしないため、ワクチンの接種予約をキャンセルされる場合や接種方法を変更される場合等は、出来る限り事前にご連絡くださいますようお願いいたします。

        ワクチン接種の効果や副反応などに関すること

        愛知県新型コロナウイルス感染症健康相談窓口
         受付時間 午前9時から午後5時30分まで(土曜日・日曜日・祝日も実施)
         電話番号 052-954-6272

        【夜間・休日専用窓口】
         受付時間 午後5時30分から翌午前9時まで(平日) ※土曜日、日曜日、祝日は24時間体制
         電話番号 052-526-5887

        ※上記相談窓口に対して、なごや新型コロナウイルスワクチンコールセンターに電話が繋がらない旨をお電話をいただいても対応することはできません。

        接種についての一般的なこと

        厚生労働省電話相談窓口
         受付時間 午前9時から午後9時(土曜日・日曜日・祝日も実施)
         電話番号 0120-761770(フリーダイヤル)

        ※上記相談窓口に対して、なごや新型コロナウイルスワクチンコールセンターに電話が繋がらない旨をお電話をいただいても対応することはできません。

        LINEで問い合わせ(24時間・年中無休)チャットボットによる自動応答

        AIを活用したチャットボットが24時間、自動で応答します。

        「名古屋市公式LINE」(外部リンク)別ウィンドウにご登録のうえ、ご利用ください。


        〈ページの一番上にもどる〉

        「ワクチン接種」を口実とする不審な電話にご注意ください

        「○万円払えば優先的に接種でき、お金は後で返金されます。」などと語り、現金を要求する詐欺電話が確認されています。そのような事実はありませんので、正式な手続きについては本ページをご確認ください。また、不審な電話がかかってきた際は、必ず家族や警察署に相談してください。

        その他、新型コロナウイルス感染症に関連した犯罪等に関する情報については、愛知県警察の関連ページをご確認ください。

        新型コロナウイルス感染症に関連した犯罪等に関する注意喚起(外部リンク)別ウィンドウ-愛知県警察の新型コロナウイルス感染症に関連した犯罪等に関する情報が掲載されたページです。


        名古屋市公式ウェブサイト内の新型コロナウイルスワクチンの関連ページ

        ワクチン接種予約に関するページ

        厚生労働省の新型コロナウイルスに関連するページ

        このページの作成担当

        健康福祉局 新型コロナウイルス感染症対策部 新型コロナウイルス感染症対策室
        電話番号: 052-972-4389
        ファックス番号: 052-972-4376
        電子メールアドレス:covid19-vaccine@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

        ページの先頭へ