ページの先頭です

名古屋市植田寮の改築事業のPPP/PFI手法導入優先的検討の結果について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年4月1日

名古屋市植田寮の改築事業のPPP/PFI手法導入優先的検討の結果について

対象事業名

名古屋市植田寮の改築事業

対象事業の概要

名古屋市植田寮について、施設の老朽化の解消及びバリアフリー化等利用者の生活環境の向上とともに、厚生院救護施設との統合を図るため、改築を行うもの。

検討結果

植田寮は、救護施設と更生施設の機能の再構築(救護施設への一本化)及び同種の機能を有する厚生院救護施設との統合を見据えた施設のあり方並びに植田寮の改築を一体的に検討するため、PFI手法は導入しないこととしました。
一方で、民間活力の活用として、運営手法については平成31年4月から指定管理者制度を導入しています。

このページの作成担当

健康福祉局生活福祉部保護課事務係

電話番号

:052-972-2552

ファックス番号

:052-972-4148

電子メールアドレス

a2551@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ