ページの先頭です

名古屋市立中央看護専門学校について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年4月30日

ページの概要:学校長あいさつや、本校のあゆみなどについて

学校長あいさつ

 本校は今年47回目の入学生を迎えた、長い歴史を持った学校であります。

 名古屋市域で活躍する、自律した実践力と思いやりの深い看護師を育てることに、教職員一丸となって取り組んでおります。本校の卒業生は、名古屋市域をはじめ、全国の様々な病院や医療施設、そして地域での医療・保健・福祉の中で、看護師として多様に活躍しております。医療の在り方が変化していき、対象として関わる人の療養の場が、地域やご自宅となることも多くなる中、対象となるその人がその人らしく過ごせるよう、その人の生活そのものを整える、支えるという看護師の本来の使命がクローズアップされています。これからの看護師は、ますます自律した実践力、判断力が求められていくでしょう。

 私は40年にわたる看護師人生の中で、様々な患者様に出会ってきました。看護が好きで、患者様が好きで、たくさんの患者様やそのご家族から、たくさんの感動、たくさんの学びをさせていただきました。看護師は本当に素敵な職業で、いくつになっても「看護師でよかった」と思います。

 今、校長という立場で、こうした実践力のある、思いやりの深い、そしてたくさんの感動を感じられる看護師を育てることにやりがいを感じながら、学生一人一人が生き生きと学べ、明るい挨拶と笑顔があふれる学校づくりに力を注いでいます。


令和3年4月1日  学校長 山田紀代美
 

看護第一学科・看護第二学科の詳細

アドミッションポリシー

本校は、知性を磨くこと、心のこもった行動をとること、疑問をもつことが習慣づけられるような看護師を育てることを目指しています。そのために次のような学生を求めています。

  1. 人に深い関心と思いやりをもって関われる人
  2. 幅広く人を理解しようとする姿勢のある人
  3. 他者の話をよく聴いて、自分の考えを伝えることができる人
  4. 目的に向かって主体的に学び、頑張りぬく意欲がある人
  5. 生活や健康の自己管理ができる人

本校のあゆみ

学校玄関の看護師の像

昭和50年4月1日
 名古屋市立中央高等看護学院が開校しました。
 昭和49年当時、不足の著しかった市域における看護師の充足対策として、本校の設立計画が策定されました。
 そして、東区葵町の旧名古屋法務局跡に、学びながら働く「3年課程(定時制)(修業年限4年)」の看護学校として、全国で始めて本校が発足しました。
昭和51年9月1日
 専修学校(専門課程)の認可を受け(4月)、校名を名古屋市立中央看護専門学校と改めました。
昭和55年3月29日
 現在地に新校舎を建築し、移転しました。
昭和55年4月1日
 助産師不足への対策として、助産学科を増設しました。併せて、看護学科の定員を80名から160名に増員しました。
平成2年4月1日
 看護師の質的向上等の社会的需要に応えるため、本市の看護学校を発展的に統廃合しました。
 この結果、名古屋市立看護専門学校(昭和42年4月開設)が廃止され、同校の2年課程を本校へ引き継ぐ形で第二看護学科を増設しました。なお、従来の看護学科を第一看護学科と改称しました。
平成6年4月1日
 第一看護学科の定員を160名から80名に減員しました。
平成7年4月1日
 課程再編成により、第一看護学科を看護第二学科、第二看護学科を看護第三学科と改称し、3年課程の全日制を新たに設け、看護第一学科としました。
平成17年4月1日
 助産学科の定員を20名から15名に減員しました。
 看護第三学科は平成18年3月末日をもって閉科となることにより、入学生の募集を停止しました。
平成18年3月31日
 看護第三学科(2年課程)を閉科しました。
平成18年4月1日
 看護第一学科及び看護第二学科の定員を各々80名から60名に減員しました。
 看護職員の知識及び技能の向上を図るため、看護職員研修を開始しました。
平成25年3月31日
 助産学科を閉科しました。
平成25年4月1日
 看護第一学科及び看護第二学科の定員を各々60名から40名に減員しました。
平成25年5月13日
 研修事業を拡大し、「なごやナースキャリアサポートセンター」を開設しました。
令和2年5月18日
 遠隔授業を開始しました。

校章について

中央看護専門学校の校章

昭和52年の「緑の週間」にちなんで一般公募し名古屋市の花として「ユリ」が選定されました。
本校では清楚で親しみやすいナースの象徴として校章にしています。

このページの作成担当

健康福祉局中央看護専門学校管理課事務係

電話番号

:052-935-1755

ファックス番号

:052-935-8344

電子メールアドレス

a9351755@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ