ページの先頭です

中小企業金融ワンストップ連携機関の認定について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年4月28日

中小企業金融ワンストップ連携機関の認定について

名古屋市では、金融機関からのご提案を踏まえ、中小企業への資金供給の円滑化と利便性の向上のため、本市の新型コロナウイルス感染症対策にかかる金融相談やセーフティネット保証等認定の一括代理申請等を一元的に実施する金融機関を「中小企業金融ワンストップ連携機関」として認定する制度を創設することにいたしました。

現在、22金融機関から連携・協力のお申し出があり、認定を行っております。

対象

名古屋市制度融資取扱金融機関のうち、以下の連携内容に同意いただける金融機関

連携内容

  1. 本市制度融資に関する相談
  2. 売上減少に係る本市証明書(セーフティネット保証等)の交付に関する一括代理申請
  3. 名古屋市信用保証協会への保証申込
  4. ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策事業継続資金に係る利子補給

現在の認定金融機関

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、大垣共立銀行、十六銀行、百五銀行、三重銀行、第三銀行、名古屋銀行、愛知銀行、中京銀行、愛知信用金庫、中日信用金庫、岡崎信用金庫、瀬戸信用金庫、碧海信用金庫、岐阜信用金庫、西尾信用金庫、豊田信用金庫、東春信用金庫、いちい信用金庫、蒲郡信用金庫、知多信用金庫、東濃信用金庫

このページの作成担当

経済局産業労働部中小企業振興課金融係

電話番号

:052-735-2100

ファックス番号

:052-735-2104

ページの先頭へ