ページの先頭です

令和元年度 調査研究発表会を開催します。

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年1月6日

令和元年度 調査研究発表会を開催します。

 令和元年度 調査研究発表会を開催します。

 この発表会は、環境科学調査センターの研究員等が名古屋市内の環境に関する調査・研究の成果を発表するものです。事前申し込みが必要で、参加費は無料です。

日時

 令和2年2月7日(金曜日) 午後1時45分から午後4時45分まで

開催場所

 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA(東区東桜一丁目13番2号)

定員

 先着100名

プログラム

市内のため池の現況

 市内には、多数のため池があり、市民の憩いの場や、生物のすみかとしての役割を果たしています。都市においては貴重な水辺であるため池について、現況を調査した結果を報告します。

露橋水処理センター再稼働に伴う中川運河の水質の変化

 改築工事を終えた露橋水処理センターが平成29年に再稼働しました。放流先である中川運河の水質は改築前、改築中と比較してどのように変化したのでしょうか。平成28・29年度に実施した水質調査の結果を報告します。

中川運河の季節変化

 当センターでは、多項目水質計を使用し、中川運河の水質測定を行っています。その際に、水中カメラを水質計に取り付けたところ、深さや季節によって様々な変化が確認できました。それらの変化について、測定データと画像を照らし合わせた結果を報告します。

名古屋市内産魚類中の残留性有機汚染物質(POPs)の環境調査

 市内の河川及び海域において採取した魚類中の残留性有機汚染物質( Persistent Organic Pollutants, POPs )の含有濃度を測定しました。その結果を報告します。

光化学スモッグ注意報発令日におけるPM2.5高濃度現象の解析

 令和元年5月26、27日、7年ぶりに名古屋市において光化学スモッグ注意報が発令されました。また両日において、市内の大気常時監視測定局の一部でPM2.5の1日平均値の環境基準を超過しました。本事例におけるPM2.5の高濃度要因について解析した結果を報告します。

申込方法

発表会の参加には事前申し込みが必要です。下記の必要事項を明記のうえ、電話・ファックス・電子メールのいずれかの方法でお申し込みください。

1. 行事名「調査研究発表会 参加申込」,2. 代表者のお名前・住所・電話番号 または 電子メールアドレス,3. 申込人数,4. 企業名・ご所属 (連絡先が企業の場合のみ)

※今年度より参加券は発行しません。
※定員到達後にファックス、電子メールでお申込みになられた方には、その旨ご連絡いたします。
※お送りいただいた個人情報は、行事運営のほか、当センターからの行事案内に使用させていただくことがあります。
その他の目的には一切使用いたしません。名古屋市個人情報保護条例などの規定に基づき厳重に管理いたします。
また、当センターの広報活動の一環として、当日撮影した写真を使用させていただく場合がございますのでご了承ください。

 受付開始は令和2年1月14日(火曜日)からになります。

調査研究発表会 チラシ


令和元年度調査研究発表会チラシ

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

環境局地域環境対策部環境科学調査センター企画管理係

電話番号

:052-692-8481

ファックス番号

:052-692-8483

電子メールアドレス

a6928481@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ