ページの先頭です

なごやグリーンウェイブ2019(実施結果)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年3月23日

なごやグリーンウェイブ2019(実施結果)

植樹や樹木との触れ合いを通して、生物多様性について考える「なごやグリーンウェイブ2019」を実施しました。

グリーンウェイブとは?

UNDB-Jのロゴマーク

国連が定める「国際生物多様性の日」である5月22日の午前10時(現地時間)に、世界中で植樹などを行い、生物多様性について考えるきっかけとする活動です。地球上を東から西へ波のように緑が広がっていく様子を緑の波(グリーンウェイブ)と表現しています。

なお、名古屋市は国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)より
「グリーンウェイブ」オフィシャルパートナーとして任命されています。

グリーンウェイブ活動の例

  • 植樹
  • 森林や樹木などの保全・手入れ
  • 森林や樹木などとふれあう活動  など



「なごやグリーンウェイブ2019」市内一斉植樹

5月22日の国際生物多様性の日を中心に市内で一斉に植樹活動を実施しました。

 「なごやグリーンウェイブ2019」市内一斉植樹の様子はこちら


「なごやグリーンウェイブ2019」関連イベント

市内において実施される、市民の皆様が参加できるグリーンウェイブ活動を「なごやグリーンウェイブ2019」関連イベントとして紹介しています。

 「なごやグリーンウェイブ2019」関連イベントの紹介


小学校向け出前講座「ミカンの樹を育ててアゲハ蝶を呼ぼう!」

「なごやグリーンウェイブ2019」の取組みの一環として、ミカンの樹の植樹体験を通じて生きものの繋がりについて学ぶ出前講座を小学3年生を対象に市内の4つの小学校で実施しました。

植樹の様子


「発見!なごやの自然・生きもの」フォトキャンペーン

名古屋市内で発見した身近な自然や生きものの写真をInstagramで発信するフォトキャンペーンを実施しました。

 「発見!なごやの自然・生きもの」フォトキャンペーンのページ (キャンペーン期間は終了しました。)

このページの作成担当

環境局環境企画部環境企画課生物多様性に係る連携推進担当

電話番号

:052-972-2698

ファックス番号

:052-972-4134

電子メールアドレス

a2662-01@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ