ページの先頭です

名古屋市高級ホテル立地促進補助金のご案内

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年8月11日

名古屋市高級ホテル立地促進補助金について

名古屋市では、愛知県と連携して、ハイレベルな国際会議の開催や海外富裕層旅行者等の誘致及び都市のブランド力向上に資する高級ホテルの誘致を進めています。高級ホテルの立地を促進するため、名古屋市内に高級ホテルを新設する企業等に対して、新設に要する経費の一部を補助します。

対象となるホテル

次のいずれにも該当するものであると認められ、その立地により都市のブランド力の向上が図られるもの

  • ハイレベルな国際会議の開催会場や参加者の宿泊場所になり得ること
  • 海外富裕層旅行者等に宿泊場所として常態的に選ばれること

補助要件

対象となるホテルを新設する場合で以下の要件を全て満たすこと
補助要件
項 目 内 容 
 客室面積 平均面積45平方メートル以上
 客室数 150室以上
 スイートルーム

 スイートルームの設置

 室数は総客室数の5%以上

 国賓級の要人に対応できる室(概ね100平方メートル以上)の設置

 バンケットルーム

(宴会場)

 バンケットルームの設置

 ただし、1,000平方メートル以上のバンケットルームを設ける場合、客室数は100室以上で可とする

 車寄せ

 ホテル専用の車寄せの設置

 要人警護に必要な車列を組むスペースを確保すること

 附帯施設 複数のレストラン、スパ・フィットネス施設、バー・ラウンジの設置
 その他のサービス

 バレーパーキングのサービス(※1)

 コンシェルジュデスクの設置

※1 バレーパーキングとは、自分で運転してきた車のキーを係りの人に預けると代わりに車の駐車をしてくれる、

また外出時には車を出してくれるサービス

補助の内容

補助の内容
 項 目内 容 
 補助対象者 名古屋市内で高級ホテルを新設し、固定資産を取得するもの 
 補助対象経費    

 高級ホテルの新設に伴う固定資産取得費用(※2)

(消費税及び地方消費税を除く) 

 補助率 補助対象経費の10%
 限度額

 1件あたり10億円

 (県市合わせて最大20億円)

 支払い方法 10年間の分割払い
※2 固定資産(土地を除く)とは、地方税法における家屋及び償却資産をいい、固定資産の取得に要する費用は、法人税法における建物及びその附属設備並びに機械及び装置の取得価額に限られます。複合ビルについては、用途ごとの床面積で按分し、高級ホテルの用に供する部分に係る固定資産取得額を算定します。

対象期間

令和5年3月31日までに事業認定申請書を提出すること

受付時期

申請は、随時受付しています。

ただし、工事着手の前日までに事業認定申請書を提出してください。

有識者からの意見聴取

事業認定にあたっては、有識者から意見聴取を行います。

その他の支援

事業認定を受けた場合、都市計画制度を活用することで一定の範囲内において容積率の緩和を受けることができます。

詳しくは下記ファイル及びリンク先をご参照ください。

容積率緩和について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

その他

令和8年3月31日までに高級ホテルの営業を開始し、10年間営業を継続する必要があります。

問い合わせ先

上記補助金の申請を希望される方は、下記担当課までお問い合わせください。

名古屋市観光文化交流局観光交流部観光推進課観光企画係(本庁舎4階)

電話番号:052‐972-2425 ファックス番号:052‐972‐4200

このページの作成担当

観光文化交流局観光交流部観光推進課観光企画係

電話番号

:052-972-2425

ファックス番号

:052-972-4200

電子メールアドレス

a2425@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ