ページの先頭です

平成28年度第5回多文化共生を進める団体交流会

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年11月4日

平成28年度第5回多文化共生を進める団体交流会

名古屋市で活動する多文化共生を推進する団体の皆さまや、行政の担当者等が、普段から顔の見える関係をつくり、多文化共生の社会の実現のために一緒に力を合わせられるようになりたい!そんな思いから交流会を開催しました。

開催日時

平成28年10月18日(火曜日)午後7時から午後8時30分

会場

名古屋国際センター第一会議室(名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)

対象

名古屋を中心に活動する多文化共生を推進する団体、行政職員等

参加者

16団体、27名

内容

名古屋市の外国人市民への情報伝達の取り組みについて

【発表者】

  • 名古屋市観光文化交流局観光交流部国際交流課:高田主事
  • 名古屋国際センター広報情報課:勝主査

グループワーク1:外国人市民へ何(どの情報)を伝えていくかについて

  • 権利と義務に関する文書に関しては、基本的に多言語化をする。
  • 重要な文書かそうでないかの判断がつくようにする。タイトルなど一部でもいいのでやさしい日本語か多言語で表記する。
  • 外国人が知らない制度についてPRする。「制度がある」と分かれば、人に聞いたり情報を集めたりすることができる。
  • 行政は、「伝えたい」という意識を持つべき。現状は「分かる人が分かればいい」というスタンスに見える。行政職員の意識啓発が必要。
会議風景

グループ2:外国人市民への情報伝達の効果的なツール、方法について

  • 国や地域、年齢層などにより、情報の入手先、方法が違う。
  • ウェブサイトやSNSなどは情報の伝達の手段としては効果的だが、情報がすべての人に行き渡るわけではない。
  • 1人でも多くの方に情報を伝えるためには、ターゲットを明確にし、1つのツールではなく複数のツールを使って情報発信をする必要がある。
  • 今後、外国人コミュニティや多文化共生団体等と連携し、名古屋市外国人市民情報伝達マップ(連絡網のようなもの)を作成していく必要がある。
会議風景

平成28年度第5回多文化共生を進める団体交流会結果

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

観光文化交流局観光交流部国際交流課推進係

電話番号

:052-972-3062

ファックス番号

:052-972-4200

電子メールアドレス

a3061@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ