ページの先頭です

平成27年度第2回多文化共生を進める団体交流会を開催しました!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年2月20日

平成27年度第2回多文化共生を進める団体交流会

名古屋市で活動する多文化共生を推進する団体の皆さまや、行政の担当者等が、普段から顔の見える関係をつくり、多文化共生の社会の実現のために一緒に力を合わせられるようになりたい!そんな思いから交流会を企画し、開催しました。多くの方にご参加いただき、交流を深めることができました。

開催日時

平成28年1月31日(日曜日)午後1時30分から4時30分(開場:午後1時)

会場

名古屋国際センター別棟ホール(名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)

対象

名古屋を中心に活動する多文化共生を推進する団体、行政職員等

参加者

21団体、42名

内容

(1)名古屋市の取組紹介

第2次名古屋市多文化共生推進プラン(計画期間:平成29年度から33年度)の策定に向けて、外国人市民や多文化共生を推進する団体の方々など、広く市民の皆さんから意見を聞いてプランに反映させていくための取り組みについて、紹介させていただきました。

(2)【先進事例報告】オーストラリアに学ぶ多文化共生施策

事例報告

【報告者】
神田すみれさん(多文化共生リソースセンター東海)
若山寮弥(名古屋市市長室国際交流課)
伊藤結花(名東区区民福祉部保険年金課)

・オーストラリアに研修で行かれた3名に、先進的な多文化共生の現場で感じたこと、日本との違いなどについて報告していただきました。

・詳しくは、「オーストラリアに学ぶ多文化共生施策」報告資料をご覧ください。

【先進事例発表】オーストラリアに学ぶ多文化共生施策

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

(3)ワークショップ「ワールドカフェ」

ワークショップ


・「どう創る?多文化共生都市なごやの未来」を大テーマに、オーストラリアの事例報告について感じたことや、これからの名古屋がすべきこと、多文化共生を進める団体交流会の今後のあり方などについて話し合いました。

・1人でも多くの方と交流するために、また効果的な話し合いを行うためにメンバーを交代し、3回の話し合いを行いました。

・外国のお菓子を食べながら、リラックスした雰囲気で話し合いが行われました。

【名古屋のまちをどうしていきたいか】

  • 外国人に対する日本語教育の強化が必要(有能な外国人は英語圏の国に行ってしまう。そこには日本語の壁があるから)。
  • 実際に外国人が助かっている経験談等を発信することで、多文化共生を知るきっかけづくりをする。
  • サミットやオリンピックなどをきっかけに、外国人と関わる機会を増やし、異文化理解を進めることで、多文化共生を進める。
  • 外国人を雇用している企業にも、多文化共生について知ってもらう必要がある。

【多文化共生を進める団体交流会の今後のあり方について】

  •  立場を超えていろいろな人(外国人市民、行政職員、NPO団体、教育者、自治会など)と建設的な意見交換を行い、意識改革を進めることが重要。
  •  行政職員に自分たちの活動を知ってもらうための交流会であってほしい。
  •  意見を出して終わりではなく、どのように多文化共生プランに反映したか結果を共有する場になると良い。
  •  交流会について企画段階から関わっていくことが必要。

アンケート結果

団体交流会


1 本日の交流会に参加した感想
  大変よかった:63%
 まあまあよかった:37%
  あまりよくなかった:0%
  よくなかった:0%

2 次回も参加したいですか
 参加したい:92%
 参加しない:8%
 

3 感想・国際交流課へのメッセージ(主な意見)

  • もっと多くの人が、この交流会に参加してほしいと思いました。そうすれば意識も変わると思います。
  • 国際センターで開催すると、メンバーが固定されるかもしれません。各区でこういう交流会ができるとさらに良いとですね。
  • 我々NPOも主体的にこのような交流会をしないといけないと実感しました。
  • この交流会は、多文化共生の地域づくりに向けて重要・大切な場だと思います。

平成27年度第2回多文化共生を進める団体交流会結果

平成27年度第2回多文化共生を進める団体交流会チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

観光文化交流局観光交流部国際交流課推進係

電話番号

:052-972-3062

ファックス番号

:052-972-4200

電子メールアドレス

a3061@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ