ページの先頭です

報道資料 令和3年6月3日発表 小中学校等の防災教育における講師の派遣について‐東日本大震災の教訓等を伝承する取組‐

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年6月7日

 本市では、平成27年度より市民の防災意識向上を図るため、被災地派遣職員による講演会等を各区の地域行事等において実施してまいりました。
 令和3年度は、東日本大震災の発生から10年の節目の機会を捉え、これまでの取組に加え、子どもたちに東日本大震災の教訓等を伝承するため、各学校で実施される防災授業等における被災地派遣職員等の講師派遣を市内全小中学校等に対して働きかけております。
 この度、本取組の先駆けとしまして、下記のとおり実施することとなりましたので、是非とも取材いただきますようお願いいたします。


小中学校等の防災教育における講師の派遣について‐東日本大震災の教訓等を伝承する取組‐

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

防災危機管理局 総務課経理係

電話番号

:052-972-3590

ファックス番号

:052-962-4030

電子メールアドレス

a3590@bosaikikikanri.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ