ページの先頭です

報道資料 令和3年1月27日発表 陸前高田市から学ぶ東日本大震災の教訓 ‐震災から10年を迎えて‐ 巡回パネル展の開催について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年1月29日

 本年3月11日に東日本大震災発生から10年という節目を迎えるにあたり、東日本大震災の教訓を伝えるパネル展示を市内全16区で巡回実施いたします。
 東日本大震災は、岩手県陸前高田市に死者・行方不明者1,761名などの甚大な被害をもたらし、本市は被災直後から職員を派遣するなど陸前高田市の行政機能を「丸ごと支援」してまいりました。今後、南海トラフ巨大地震の発生が想定されるなど、地震への備えを進めなければならない本市にとって、陸前高田市から東日本大震災の教訓を学ぶことは必要不可欠であると言えます。是非とも取材いただきますようお願いいたします。

陸前高田市から学ぶ東日本大震災の教訓 ‐震災から10年を迎えて‐ 巡回パネル展の開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

防災危機管理局 総務課経理係

電話番号

:052-972-3590

ファックス番号

:052-962-4030

電子メールアドレス

a3590@bosaikikikanri.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ