ページの先頭です

令和2年度防災訓練等の行事予定一覧

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年4月1日

令和2年度防災訓練等の行事予定一覧

今年度予定している防災訓練等の行事一覧です。

令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、訓練等の行事を中止とする場合がございます。

防災訓練等の予定一覧
 行事名称等  日程 
総合水防訓練 (中止)  令和2年5月31日(日曜日) 
防災週間  令和2年8月30日(日曜日)から9月5日(土曜日)
防災の日  令和2年9月1日(火曜日)
なごや市民総ぐるみ防災訓練(中止)  令和2年9月6日(日曜日)
津波防災の日  令和2年11月5日(木曜日)
防災とボランティア週間  令和3年1月15日(金曜日)から1月21日(木曜日)
防災とボランティアの日  令和3年1月17日(日曜日)

総合水防訓練について

 この訓練は、梅雨や台風シーズンを迎えるにあたり、土のうを使った水防工法など応急対策の定着と、水害に関する知識の普及を目的として実施しているものです。

 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため総合水防訓練を中止といたしました。

防災週間について

毎年8月30日から9月5日までの一週間は「防災週間」です。

 これは、防災知識の普及と防災意識の高揚のために、国、地方公共団体、防災関係機関、事業所、地域住民の皆さんなどが防災に関する各種行事や訓練を全国的に行うものとして昭和57年に閣議了承され、昭和58年の中央防災会議において、8月30日から9月5日までの期間と決定されました。

防災の日について

毎年9月1日は「防災の日」です。 

 これは、関東大震災を踏まえ、政府、地方公共団体など、防災関係諸機関を始め、広く国民が台風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波などの災害についての認識を深めるとともに、これらに対する備えを充実・強化することにより、災害の未然防止と被害の軽減を図ることをねらいとして、昭和35年に閣議了解されたものです。

なごや市民総ぐるみ防災訓練

 この訓練は、地震などの大規模災害に備え、防災意識の高揚と、各種防災対策の推進を図ることを目的として実施しているものです。

 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、各区における総合防災訓練は中止といたしました。

津波防災の日について

毎年11月5日は「津波防災の日」です。

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災の惨禍を二度と繰り返すことのないよう、津波対策に万全を期するため、同年6月、津波による被害から国民の生命、身体及び財産を保護することを目的とする「津波対策の推進に関する法律」が制定されました。この法律において、国民の間に広く津波対策についての理解と関心を深めるようにするために制定された日です。

 なお、当初は、東日本大震災が発生した3月11日とする方向でしたが、1854年に発生した安政南海地震での「稲むらの火」の故事にちなみ、同地震と津波の発生日である11月5日としました。

 「稲むらの火」とは、和歌山県を津波が襲った際に、稲に火を付けて、暗闇の中で逃げ遅れた人たちを高台に避難させて救ったという逸話です。

「防災とボランティアの日」及び「防災とボランティア週間」について

毎年1月17日は「防災とボランティアの日」、1月15日から1月21日までの一週間は「防災とボランティア週間」です。

 これは、阪神・淡路大震災を踏まえ、政府、地方公共団体など防災関係諸機関を始め、広く国民が災害時におけるボランティア活動及び自主的な防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることを目的として、平成7年に閣議了解されたものです。

このページの作成担当

防災危機管理局 危機対策室危機対策係

電話番号

:052-972-3522

ファックス番号

:052-962-4030

電子メールアドレス

a3590@bosaikikikanri.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ