ページの先頭です

ここから本文です

報道資料 令和6年3月22日発表 大型商業施設「イオンモール熱田」と熱田区地域包括ケア推進会議との連携・協力に関する認知症啓発事業の開催について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2024年5月7日

ページID:174659

認知症の方に優しいまち熱田を目指し、認知症についての正しい理解を促進し、また、認知症の方が外出しやすいまちづくりを実現するため、区内最大級のショッピングモールであるイオンモール熱田と熱田区地域包括ケア推進会議(事務局・熱田区福祉課)が連携し、イオン熱田店及び専門店の従業員に向けた「認知症サポーター養成講座」を実施するとともに、認知症についての知識を持った従業員が店内にいることを伝えるため『「認知症サポーターがいます」ステッカー』の貼付を依頼いたしますのでお知らせします。

開催日時・場所

令和6年3月25日 月曜日 午後2時30分より

イオンモール熱田 3階 あつたハピネスホール

(注)令和6年3月28日 月曜日、同4月15日 月曜日にも開催します。


対象の皆様

イオンモール熱田 イオン熱田店従業員及び専門店従業員 等


スターバックスコーヒー イオンモール熱田1階店との連携

あつたハピネスホールでの大規模実施に先駆け、3月11日 月曜日には同モール内「スターバックスコーヒー イオンモール熱田1階店」において、スターバックスコーヒーと熱田区地域包括ケア推進会議が連携し、同事業を実施しました。スターバックスコーヒーの受講者は店員の他、大学生を含む若い世代の一般客も含む、多世代啓発に資する取り組みです。今回のホールでの事業開催と併せて、スターバックスコーヒーと福祉事業との先駆的な連携実績についてもお伝えします。

大型商業施設「イオンモール熱田」と熱田区地域包括ケア推進会議との 連携・協力に関する認知症啓発事業の開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

熱田区役所 保健福祉センター福祉部 福祉課 包括的支援等の推進担当
電話番号: 052-683-9406
ファックス番号: 052-682-0346
電子メールアドレス: a6839404@atsuta.city.nagoya.lg.jp

熱田区からの報道発表資料に戻る

報道資料 令和6年3月22日発表 大型商業施設「イオンモール熱田」と熱田区地域包括ケア推進会議との連携・協力に関する認知症啓発事業の開催についての別ルート

ページの先頭へ