ページの先頭です

「‟子育てと介護”のダブルケアシンポジウム」実施方法の変更について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年1月25日

令和3年1月29日金曜日に開催予定の「子育てと介護のダブルケアシンポジウム」につきましては、当初、熱田区役所での対面方式と収録動画のWeb配信方式の併用で実施する予定でしたが、この度、愛知県に新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う、緊急事態宣言が発出されたことにより、対面方式は中止し、収録動画のWeb配信方式のみで実施することになりました。

シンポジウムの概要

子育てと介護が同時期に重なるダブルケア状態にある人は、少子高齢化、晩婚化、出産の高齢化等を背景として、今後も増加していくと見込まれています。ダブルケアとなっても安心して暮らし続けるために必要なこととは何か?当事者、関係者のみならず、皆で考える機会としてシンポジウムを開催するものです。

シンポジウムの内容

  1. 基調講演
    名古屋学院大学現代社会学部講師 澤田景子先生

  2. 名古屋学院大学学生によるプレゼンテーション

  3. パネルディスカッション
  •  コーディネーター (名古屋学院大学現代社会学部准教授 山下匡将先生)
  •  パネラー (ダブルケアパートナー代表 杉山仁美さん はじめ各関係機関担当者)

収録動画のWeb配信について

シンポジウムを収録した動画のWeb配信については、後日熱田ブランド+(プラス)(外部リンク)別ウィンドウにてご案内します。申し込み不要。一定期間視聴可能

※Web配信の視聴が可能になりましたら、本ウェブサイトでお知らせいたします。

主催

熱田区役所民生子ども課・保健センター

名古屋学院大学

熱田区社会福祉協議会


〈ダブルケアシンポジウムチラシ〉のファイルは一部テキスト情報のない画像データです。内容を確認したい場合は、〈熱田区役所民生子ども課 電話番号(052)683-9911〉までお問い合わせください。

ダブルケアシンポジウムチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

熱田区役所保健福祉センター福祉部民生子ども課子ども家庭支援担当

電話番号

:052-683-9903

ファックス番号

:052-682-0346

電子メールアドレス

a6839903@atsuta.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

熱田区からのお知らせに戻る

「‟子育てと介護”のダブルケアシンポジウム」実施方法の変更についての別ルート

ページの先頭へ