ページの先頭です

「‟子育てと介護”のダブルケアシンポジウム」参加者募集

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年11月20日

子育てと介護が同時期に重なるダブルケア状態にある人は、少子高齢化、晩婚化などを背景として、今後も増加していくと見込まれています。

ダブルケアとなっても安心して暮らし続けるために必要なこととは何か?みんなで考える機会として、名古屋学院大学、熱田区社会福祉協議会との共催でシンポジウムを開催します。

日時

令和3年1月29日(金曜日)

午後1時30分から午後3時30分(午後1時から開場)

場所

熱田区役所5階 保健センター集団指導室

内容

  1. 基調講演
    名古屋学院大学現代社会学部講師 澤田景子先生

  2. 名古屋学院大学学生によるプレゼンテーション

  3. パネルディスカッション
  •  コーディネーター (名古屋学院大学現代社会学部准教授 山下匡将先生)
  •  パネラー (ダブルケアパートナー代表 杉山仁美さん はじめ各関係機関担当者)

定員

20人(定員超過の場合は抽選)

申し込み

令和3年1月15日(金曜日)までに申し込みフォーム(外部リンク)別ウィンドウからお申し込みください。

なお、本講座を収録した動画のWeb配信を後日行う予定です(申し込み不要。一定期間視聴可能)。動画配信については、後日熱田ブランド+(プラス)(外部リンク)別ウィンドウにてご案内します。

※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、開催の変更・中止となる場合があります。

主催

熱田区役所民生子ども課・保健センター

名古屋学院大学

熱田区社会福祉協議会


〈ダブルケアシンポジウムチラシ〉のファイルは一部テキスト情報のない画像データです。内容を確認したい場合は、〈熱田区役所民生子ども課 電話番号(052)683-9911〉までお問い合わせください。

ダブルケアシンポジウムチラシ

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

熱田区役所保健福祉センター福祉部民生子ども課子ども家庭支援担当

電話番号

:052-683-9903

ファックス番号

:052-682-0346

電子メールアドレス

a6839903@atsuta.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

熱田区からのお知らせに戻る

「‟子育てと介護”のダブルケアシンポジウム」参加者募集の別ルート

ページの先頭へ