ページの先頭です

これまでの債権管理適正化の取組み

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年4月1日

名古屋市債権管理対策会議について

平成22年度から平成30年度まで、副市長を委員長とし、関係局の局長及び関係区の区長を委員とする名古屋市債権管理対策会議を設置し、主要な債権を中心として、関係局との情報の共有を図りつつ、債権管理の取組みの進行管理を行うなど連携を強化することで、各局の債権管理に対する取組み方針の統一を図りました。

名古屋市債権管理対策会議〈開催結果〉

名古屋市債権管理計画について

本市の保有する債権に係る未収金が大きくなり、収入の確保と市民負担の公平性を維持するために、未収金の圧縮を図ることが課題となったことから、平成23年度に名古屋市債権管理計画を策定し、未収金の圧縮に向け取組みを進めました。

さらに、第2次名古屋市債権管理計画、第3次名古屋市債権管理計画を順次策定し、さらなる未収金の圧縮に向け取組みを進めました。

名古屋市債権管理計画(平成23年度から平成25年度)について

第2次名古屋市債権管理計画(平成26年度から平成27年度)について

第3次名古屋市債権管理計画(平成28年度から平成30年度)について

第1次から第3次までの名古屋市債権管理計画の取組みの結果、本市の保有する未収金の圧縮が進んだことから、名古屋市債権管理計画の策定は第3次をもって終結しました。

このページの作成担当

財政局税務部収納対策課徴収指導係

電話番号

:052-972-2357

ファックス番号

:052-972-4123

電子メールアドレス

a2356@zaisei.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ