ページの先頭です

顔のみえるアート展てんぱく2019の作品を募集します

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年6月1日

顔のみえるアート展てんぱくとは

天白区内にお住まい、もしくはお勤めの障害のある方が制作する作品の展覧会です。毎年、絵画・書・陶芸・工芸・オブジェなど幅広いジャンルの力作が揃います。作品とともに展示される作品紹介カードも見どころのひとつになっており、誰が、どんな思いで制作した作品かが見えることがコンセプトの展覧会なので「顔のみえるアート展」と名付けられました。

天白区障害者自立支援連絡協議会が主催するイベントで、平成27年度から始まり令和元年度で4回目です!アートを通じて、地域の皆様を始め様々な方との交流を広げていきたいと思います。


昨年の作品の一部です♪

  • 昨年の作品1
  • 昨年の作品2
  • 昨年の作品3
  • 昨年の作品4
  • 昨年の作品5
  • 昨年の作品6
  • 昨年の作品7
  • 昨年の作品8

作品募集要項などはこちらから

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

天白区役所保健福祉センター福祉部福祉課障害担当

電話番号

:052-807-3882

ファックス番号

:052-802-9726

電子メールアドレス

a8073882@tempaku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ