ページの先頭です

歯と口の1日健康センター(天白保健センター)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年3月25日

ページの概要:歯と口の健康週間の一環として、地域口腔衛生に関する普及啓発と、意識向上を図ることを目的として、歯と口の1日健康センターを開催します。

歯と口の1日健康センター(令和2年6月 天白区)

※新型コロナウイルス感染症の動向等により、中止となる場合もあります。

開催日時

令和2年6月7日 日曜日 予約不要

 4月から6月生まれ 午後1時30分から2時00分まで

 7月から9月生まれ 午後2時00分から2時30分まで

 10月から12月生まれ 午後2時30分から3時00分まで

 1月から3月生まれ 午後3時00分から3時30分まで

 

開催場所

天白区役所講堂

 なるべく公共交通機関でお越しください。

対象

未就学児とその家族

 保護者等ご家族も、歯科検診を無料で受けられます。歯周病チェックも実施します。

 小学生の兄、姉は、歯科検診、フッ化物塗布を無料で受けられます。

内容

歯科検診、フッ化物塗布、歯科相談、栄養相談、歯周病チェック(保護者対象)など

イベントでバルーンアートもやっています。

すべて無料です

実施主体

天白区歯科医師会

天白保健センター

昨年度の様子

令和元年6月2日 日曜日の午後に開催されました。

当日は、子ども344人、保護者245人の合計589人の参加がありました。

衛生教育

名古屋デンタル衛生士学院の学生がむし歯予防の話をしてくれました。

また、歯科医師会の先生より、お口の力を発達させる為のお話がありました。お話の途中で、お子さん達が上手に吹き戻しで遊べるか、体験もしました。


歯科検診

天白区歯科医師会の先生たちが、歯科検診を行ってくださいました。

歯と口の健康を守るために、定期的に検診を受けましょう。

歯科検診のイラスト

フッ化物塗布

フッ素が歯を守っているイラスト

フッ化物は歯の表面のエナメル質を強くし、むし歯になりにくくする薬です。
3か月から4カ月ごとに塗布すると効果的です。
むし歯予防のためのブラッシング指導も行いました。

歯科相談・栄養相談

日ごろ疑問に思っていたことについて、歯科医師や管理栄養士に相談できるコーナーもあります。

歯と口の健康を守るため、毎日の食事について、有意義な相談ができました。

おみやげ

おみやげとして配布したおもちゃの画像

最後までできた子どもには、おみやげとしておもちゃをお配りしました。
途中泣いてしまった子どももいましたが、笑顔で帰ることができました。

バルーンアートの作品

また、バルーンアートのイベントを行いました。
子どもたちは、作品ができる様子を興味津々で見ていました。
できあがった作品を嬉しそうに持って帰って行きました。

このページの作成担当

天白区役所天白保健センター保健予防課保健感染症係

電話番号

:052-807-3910

ファックス番号

:052-803-1251

電子メールアドレス

a8073910@tempaku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ