ページの先頭です

平成23年度「天白・もりのフォーラム」実施報告

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2012年2月23日

平成23年度の活動状況

『天白もりのフィールドサーキット』(全7回シリーズ)

天白区内のフィールドで自然観察会や自然をはぐくむ活動を行っている市民グループが皆さんをご案内します。

第1回「絶滅危惧の生物を守るためにできること」

  1. 日時:平成23年7月18日(祝日・月曜日)午前9時から正午
  2. 開催場所:島田緑地自然生態園
  3. 実施団体: 白玉星草と八丁とんぼを守る島田湿地の会
  4. 内容:島田緑地の中にある湿地に自生する植物や生物を観察しました。
  5. 参加者:24人
湿地の植物の説明を受けている様子の画像

湿地の植物の説明を受けている様子

<参加者の声>

「八丁トンボが見られてよかった。湿地の生態が少しわかって生き物のつながりを感じた。」

第2回「天白川のいきもの観察と川の流れ体験」

  1. 日時:平成23年8月7日(日曜日)午前10時から正午
  2. 開催場所:天白小橋周辺河川敷
  3. 実施団体:天白・川辺の楽校
  4. 内容:親子で川の中に入ってタモ網で小魚などの生き物観察や水質調査を行った後、皆でごみ拾いをしました。
  5. 参加者:22人
川に入って生き物を探している様子の画像

川に入って生き物を探している様子

ごみ拾いの様子の画像

ごみ拾いの様子

<参加者の声>

「天白川に関して子ども達(大人も)が色々な面で関心を持つきっかけになるといいと思います。良い体験でした。」

「子ども達がのびのびと楽しそうでこちらも楽しかった。自然に恵まれていると言えないけれどこういう経験が大人になっても自然を保護していこうという気持ちになると思う。」

第3回「あそぼうパン&木の実」

1.日時:平成23年9月4日(日曜日)午前10時
残念ながら雨天のため中止になりました。

第4回「旅するチョウ“アサギマダラ”のマーキングをしよう」

  1. 日時:平成23年10月8日(土曜日)午前9時30分から11時30分
  2. 開催場所:相生山緑地オアシスの森
  3. 実施団体:相生山緑地自然観察会
  4. 内容:海を渡るチョウ、旅をするチョウと呼ばれる「アサギマダラ」を捕獲し、観察とマーキングの方法を体験しました。
  5. 参加者:9人
アサギマダラにマーキングする様子とマーキングしたアサギマダラの画像

アサギマダラにマーキングする様子とマーキングしたアサギマダラ

<参加者の声>

「チョウが日本中を旅するのを初めて知りました。子どももマーキングの意味が分かりよかったです。」

第5回「東山の森で自然体験」

  1. 日時:平成23年11月27日(日曜日)午前9時30分から正午
  2. 開催場所:東山の森
  3. 実施団体:東山自然観察会
  4. 内容:東山の森に入り、木々の見分け方や樹木の紅葉と木の実などの観察を行いました。
  5. 参加者:15人
葉の進化について興味深く説明を聞く参加者の皆さんの画像

葉の進化について興味深く説明を聞く参加者の皆さん

<参加者の声>

「自然の中の散歩は大変健康的で、また、樹木の説明や多様化の重要性など大変参考になりました。」

「今まで何度もこの道を通ってきましたが、とても様々なことを知るなかで初めて歩くような気持ちで散策できました。」

第6回「冬の野鳥観察」

  1. 日時:平成23年12月18日(日曜日)午前9時から11時30分
  2. 開催場所:針名神社→大堤池→荒池→農業センター
  3. 実施団体:平針探鳥会
  4. 内容:身近な木々や池の周辺に飛来する野鳥を観察しました。荒池ではオシドリ、カルガモ、アオサギやコチドリ、カワセミなどを観察することができました。今回は約30種類の野鳥を観察することができました。
  5. 参加者:7人
荒池緑地で野鳥を観察している様子の画像

荒池緑地で野鳥を観察している様子

<参加者の声>

「こんなに鳥が見られるとは思っていませんでした。色々な鳥が見られて教えてもらって興味が更に増しました。散歩コースに加えたいと思いました。」

「なかなか個人で行こうと思えないので、教えていただきながら本当に勉強になりました。」

第7回「きのこの働きと、シイタケの駒菌打ち作業」

  1. 日時:平成24年1月28日(土曜日)午前10時から正午
  2. 開催場所:相生山緑地オアシスの森
  3. 実施団体:相生山緑地オアシスの森くらぶ
  4. 内容:森のなかでの、きのこの役割を学びながら、しいたけの原木に菌を打つ体験をしました。
  5. 参加者:15人
しいたけの駒菌を原木に打ちつける体験の様子の画像

しいたけの駒菌を原木に打ちつける体験の様子

<参加者の声

「こんな風にキノコを作るのを初めて知りました。菌打ちの作業はなかなかできることではないので、貴重な体験ができよかったです。」

「身近に豊かな自然が残っていて嬉しいです。自然を残そうと苦労なさっている人に感謝し、自分で出来ることなど考えました。」

生物多様性を学ぼう、自然のフィールド体験

親子でヒメボタルを観察しよう

日時:平成23年5月28日(土曜日)午後8時

残念ながら雨天のため中止となりました。

冬の野鳥観察と史跡散策

  1. 日時:平成24年1月15日(日曜日)午前9時から正午
  2. 開催場所:針名神社→大堤池→二つ池→荒池→農業センター→針名神社→秋葉山慈眼寺→平針宿→平針駅
  3. 実施団体:平針探鳥会、天白ガイドボランティア歴遊会
  4. 内容:荒池を中心に冬に飛来する野鳥を30種類以上観察することができました。その後農業センターから平針駅までの史跡のガイドを聞きました。
  5. 参加者:23人
荒池に飛来する野鳥を観察の画像

荒池に飛来する野鳥を観察する参加者

秋葉山慈眼寺でのガイドの様子の画像

秋葉山慈眼寺でのガイドの様子

<参加者の声>

「身近な所に今まで気づかなかった環境、歴史などがあることを知る事が出来た。」

「平針付近にもこんなに多くの野鳥がいることに驚きました。」

「地元の人でなければ知ることのないお話を沢山していただき、参考になりました。」

このページの作成担当

天白区役所区政部地域力推進室安心・安全で快適なまちづくりの企画担当

電話番号

:052-807-3824

ファックス番号

:052-801-0826

電子メールアドレス

a8073821@tempaku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ