ページの先頭です

天白100年の暮らし展

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2012年10月18日

ページの概要:天白村開村100年を記念して開催したイベントの概要です。

 明治39年(1906)、現在の天白区の前身である天白村が誕生しました。平成18年(2006)はちょうど100年目でした。これを機会に過去を振り返り、これまでの暮らしや思い出を次世代に伝えようと、区民の皆さんから、昔の「天白」の暮らしをしのぶことができる品物をお借りして、「天白100年の暮らし展」を開催しました。

 また、新しい「天白」の魅力発掘のため、天白区内の写真を一般から募集して、そのうち100点を「私の好きな天白100選写真展」で展示しました。会期の最終日に近くの天白公園で行われた、「天白区区民まつり」のお客様もたくさん会場に立ち寄られました。

開催日:平成18年10月17日から22日

会場:天白生涯学習センター

オープニング式典

前方に式典の案内画像、後方に式典出席者がいすに座っています。

 オープニング式典には、開校100年目を迎えた天白小学校の児童、区内在住の100歳の代表の方、「私の好きな天白100選写真展」入賞者の皆さんなどをお招きしました。

子どもとお年寄りが一緒にスコップをもって樹木の足元に土をかけています。

 天白村誕生の年にお生まれになった、区内在住100歳の代表の方と開校100年目を迎えた天白小学校児童代表の皆さんが協力して、天白生涯学習センター正面玄関に記念植樹を行いました。

会場内の様子

古い建物の写真や地図のパネルが展示され、観客が見ています。

 写真や地図のコーナーには、なつかしい昔の役場や学校の写真、天白村の母体となった5つの村の絵図などを展示しました。

広い会場に生活用品や書籍などが展示され、多くの観客が見ています。
昔のたらいやますなど多く昔の生活用品が展示されています。

 市民の皆さんからお借りした、生活用品、農機具、参考図書などを展示しました。

養蚕関連の展示物が並んでいます。

 天白区とふれあい協定を結び、民間交流が行われている長野県の中川村からも出展がありました。

天白100年記念飴

飴が二つ並んでいます。断面に左側は100をイメージしたロゴマーク、右側は天白と漢字で書かれています。

 会期最終日に行われた、区民まつりのスタンプラリー参加者の皆さんには記念の飴を進呈しました。

「天白100年の暮らし展」のガイドを行った、ボランティア団体の情報

「天白ガイドボランティア歴遊会」は区内の史跡散策路をガイドしています。

天白ガイドボランティア歴遊会

同時開催された「私の好きな天白100選写真展」についての情報

このページの作成担当

天白区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-807-3821

ファックス番号

:052-801-0826

電子メールアドレス

a8073821@tempaku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ