ページの先頭です

第1回第7期名古屋市男女平等参画審議会 記録

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年8月25日

第1回名古屋市男女平等参画審議会会議録

日時:平成27年4月28日(火曜日)午前10時から

会場:名古屋市役所 正庁

出席者:男女平等参画審議会委員 13名

副市長、総務局長、総務局企画調整監、総合調整部長、男女平等参画推進室長

傍聴:0名 記者:2名

1 開会

(進行:総合調整部長)

2 副市長の挨拶

(略)

3 委員の紹介

各委員より自己紹介

4 会長・副会長の選出

互選により、会長に吉田委員、副会長に内田委員を選出

(男女平等参画推進なごや条例施行規則15条)

【会長】第6期の委員の皆さまの意見を聞いている。次期計画の策定にあたって、その意見も反映していくということで私たちが選ばれたのだと思う。計画策定については、実効性のあるもので、よりよいものにしたい。第6期の最後の全体会で配られた冊子で男女平等参画の視点からすると問題ではないかというところを指摘させてもらったが、たまたま本日配られた冊子にも問題な点があり、道は険しいのかなと思うところ。皆さまの協力を賜り、よりよい男女共同参画社会・名古屋をつくっていきたい。

【副会長】引き続き副会長に推していただき身が引き締まる思い。第6期での議論も盛り上がり、それの流れをこの第7期に引き継いでいきたいと思う。大学は男女平等という点では開かれていると思われているが、執行部になると男性ばかりというのが現状である。名古屋市全体の改革に向けて、尽力したいと思う。

5 諮問

【会長】市長から次期基本計画の策定に関してこの審議会に諮問をいただくことになっている。本日は、市長の代理ということで、副市長さん、お願いします。

【副市長】男女平等参画推進なごや条例第22条第2項の規定に基づき、次のとおり諮問します。

1諮問事項:次期「男女平等参画基本計画」の策定に向けた基本的な方向性及び取り組むべき施策等について、貴審議会の意見を求めます。

2理由:本市では、男女平等参画推進なごや条例に基づき、平成23年3月に「名古屋市男女平等参画基本計画2015」(計画期間:平成23~27年度)を策定し、男女平等参画に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図ってまいりました。

平成27年度末に計画期間の満了を迎えるにあたり、平等参画の推進に関する基本計画に位置づける平成28年度以降の次期「男女平等参画基本計画」を策定してまいりたいと考えております。

つきましては、現行の基本計画策定後に生じた社会状況の変化等を踏まえ、次期基本計画の策定に向けた基本的な方向性及び取り組むべき施策等についてお示しいただくようお願いいたします。

【会長】名古屋市の次期基本計画の策定に向けた基本的な方向性と取り組むべき施策などについて、大変重いテーマであるが、今後しっかりと審議してまいりたい。よろしくお願いします。

6 議事

(1)男女平等参画基本計画2015について

(男女平等参画推進室より、「男女平等参画基本計画2015について」説明)

質疑応答 特になし

(2)次期男女平等参画基本計画の策定について

  (男女平等参画推進室より、「次期男女平等参画基本計画の策定について」説明)

【会長】事務局から、次期計画の策定スケジュールと全体会の審議を円滑に進めるために答申案作成部会を設けることについての提案があった。答申案作成部会の設置について承認いただけるか。

【委員】異議なし

【会長】それでは、事務局の提案にそって次期基本計画について審議していくので、皆さまご協力よろしくお願いします。

続いて、部会委員の構成について、条例施行規則上、会長が指名するとあるが、事務局に(案)はあるか。

【事務局】(部会(案)配布)

【会長】男女平等参画推進なごや条例施行規則第17条に部会所属委員及び部会長については、会長が指名するとあるので、事務局案のメンバーによって「答申案作成部会」を設けるとともに、部会長については、特に立候補がなければ私が務めさせていただき、全体会と密に連絡できるようにしたいと思うが、よろしいか。

【委員】異議なし

【会長】部会員に選出された皆さま、よろしくお願いします。

(3)その他

(男女平等参画推進室より、「次期男女平等参画基本計画策定に向けた意見提出について」「配布資料」等の説明)

【会長】基礎調査のまとめに参加した委員もみえるので、気づいた点などあれば説明してほしい。

【委員】課題は以前からあまり変わっていない。たとえば、30~40代の労働時間。ワーク・ライフ・バランスが叶っていない。またDVなどの課題も解消していない。まとめが140ページ以降にあるので、ぜひそこを読んでいただくと課題が見えてくる、家族・地域・労働・人権と4つに分かれている。

【会長】資料も多く、また後日提出する様式もあるので、この場ですぐ意見というのは難しい。今後議論を深めたい。

4 閉会

閉会

このページの作成担当

総務局総合調整部男女平等参画推進室男女平等参画推進担当

電話番号

:052-972-2234

ファックス番号

:052-972-4112

電子メールアドレス

a2233@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ