ページの先頭です

男女平等参画審議会「答申骨子」市民意見募集の結果(概要)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2005年4月4日

ページの概要:男女平等参画審議会「答申骨子」市民意見募集の結果(概要)について

市民意見募集の結果(概要)

市民意見募集結果に対する審議会の基本的考え方

 答申骨子に対して、405名という多数の市民からご意見を頂きました。答申骨子案が示した方向性についてのアンケート結果は、全体の6割の方がこの方向でよいと○をつけていただき、さらにもっと強調してほしいというご意見や、付け加えてほしいという補強するご意見を併せると、8割を超える方から積極的な賛同を寄せていただきました。
 また、体験談や感想も含め、具体的にこうしてほしいというようなことを書き込んでいただいた記述意見は、787件に及びました。
 私たちは、こうした多くの意見に励まされ、答申文を作成いたしました。
 市民意見を踏まえて、補強した主な個所は、以下の点です。

両立支援、特に保育園等の充実を求める意見が多数寄せられましたので、両立支援の取り組みの位置づけを高めると同時に、保育園等の充実の項を起こし、答申しました。
両立可能な職場環境への改善や、賃金格差の解消やパート・派遣の地位向上を求める意見も多数寄せられましたので、市が事業者に働きかけるということと併せて、あえて「事業者が取り組むこと」という項を起こし、両立可能な職場環境の整備や女性の地位向上を訴える答申としました。
男性の働き方や生き方の見直しが求められるという意見も多数寄せられたので、「男性の意識変革」という項を起こし、答申しました。
小さい頃からの男女平等教育が大切という意見も多数寄せられたので、教育の取り組みを拡充し、答申しました。
DVについては、具体的な施策を求める当事者からのご意見を多数頂きました。また、児童虐待に対しては特に関心が高く、また、DVと密接に関係しているというご意見も頂きました。DVに関しては、一貫した支援体制の整備という観点から、詳しく記載し、答申しました。
見えない差別に関しては、こうした視点を打ち出したことに強い賛同を頂きました。さらに具体的な取り組みを求める意見もあり、視点が大事だというに止まらず、実態調査の必要性や、支援の必要性を答申しました。
数値目標を持って市が率先して取り組むべきというご意見も多数頂きました。達成のための仕組みづくりという大項目を起こし、目標を明確にしつつ、進行管理する仕組みの重要性を答申しました。
 最後に、意見提出において何故住所・氏名の記載を求めるのか、理由の説明をというご意見を頂いておりますので、そのことについて一言触れさせていただきます。
 今回の意見募集は、市のパブリックコメント制度に準じて実施しており、原則として住所・氏名を求めるという市の取り扱いを踏襲しましたが、審議会としても、基本的には、責任ある意見を求めるという点から、妥当な取扱であると考えております。

市民意見募集結果

1.意見提出人数

405人

2.意見提出方法

リーフ:387人
メール:6人
ファックス:11人
点字:1人

3.募集期間

2004年(平成16年)3月23日から4月30日

4.属性

  1. 性別
    女性:290人(71.6%)
    男性:74人(18.3%)
    無記入:40人(9.9%)
    団体:1(0.2%)
  2. 年代
    10代:9人(2.2%)
    20代:47人(11.6%)
    30代:44人(10.9%)
    40代:60人(14.8%)
    50代:100人(24.7%)
    60代:90人(22.2%)
    70代以上:25人(6.2%)
    無記入:25人(6.2%)
    団体:1人(0.2%)
  3. 職業
    正社員:48人(11.9%)
    公務員:36人(8.9%)
    自営:32人(7.9%)
    パート:43人(10.6%)
    派遣:6人(1.5%)
    有職(その他):23人(5.7%)
    無職:109人(26.9%)
    学生:30人(7.4%)
    団体:1(0.2%)
    無記入:69人(17.0%)
    有職(無記入):8人(2.0%)

5.選択肢単純集計結果

(1)関心度
事項非常に関心があるかなり関心があるあまり関心がない関心がない無記入
(1)女性の社会進出1472044518
(2)両立16619231313
(3)男性の家事育児参加15417258516
(4)セクハラ
12317379426
(5)児童虐待26411019111
(6)DV
16115170518
(7)学校での男女平等教育18515543517
(2)方向性
事項人数(%)
(1)この方向でよい243(60.0%)
(2)もっと強調してほしいことがある58(14.3%)
(3)付け加えたらよいと思うことがある37(9.1%)
(4)その他24(5.9%)
(5)無記入43(10.6%)

6.記述式意見の概要

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ