ページの先頭です

平成28年度昭和区人権尊重のまちづくり事業

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年3月28日

ページの概要:平成28年度昭和区人権尊重のまちづくり事業「障害のある人たちにとって『人権』とは」を開催しました。

会場内の事業タイトルの吊り看板

基調講演とシンポジウムを開催しました!

  • 日時 2月18日(土曜日)午後1時30分から午後4時30分まで
  • 場所 昭和区役所 講堂

 「障害のある人たちの人権」を考える第2弾として、今年度は、大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科 准教授 三田優子さんを講師にお招きし、知的障害のある人たちとのやりとりを交えながら、障害のある人たちにとっての「人権」について考える時間を参加者全員で共有しました。

第1部:基調講演「障害のある人の『自分らしく生きたい』を実現するために」

 平成28年4月施行の障害者差別解消法及び同年7月に起きた相模原障害者施設殺傷事件をキーワードに、講師と障害のある人との会話や体験談を交えながらの内容で、障害のある人の取り巻く環境について考えました。
第1部の基調講演の写真

テーマについてユーモアを交えながらの講師の三田さんのお話に笑ったり、考えさせられたりと参加者のみなさんは熱心に耳を傾けていました。

第2部:「当事者と考えるシンポジウム」

 講師がコメンテーターとなり知的に障害のあるパネラーの人たちに、日常生活の様子や取り巻く環境などをインタビューをされました。「障害者の生き方・暮らし方」「自立」「差別解消」といった、日常当たり前に口にしているワードが、果たして誰のためのものであったのか、そもそも「人権」とは?コメンテーターとパネラーの会話を聴く中で改めて考える機会となりました。参加者には、質疑応答の時間も設けられました。

このページの作成担当

昭和区役所区政部地域力推進室安心・安全で快適なまちづくりの企画担当

電話番号

:052-735-3822

ファックス番号

:052-735-3829

電子メールアドレス

a7353823@showa.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ