ページの先頭です

お米の服部さんでお正月のおもちを買いました。

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年2月1日
昭和区の魅力を伝えるまち自慢特派員からの投稿記事です。

お米の服部さんでお正月のおもちを買いました。

お店の入口の写真です。

 お正月になると、私の家ではお米屋さんに、鏡餅などのおもちを注文します。そこで今回は、お米屋さんに取材へ行きました。
 お米屋さんの名前は「お米の服部」さんといい、75年前からやっているそうです。また、10年前までは飯田街道沿いにお店があったそうです。今は、そのお米屋さんを受けついで、3代目だそうです。

店内には、様々な種類のお米が並んでいます。

 販売しているお米の種類は14種類で、あきたこまち、ひとめぼれ、コシヒカリなどなど有名なお米の品種がたくさんあります。
 また、年末に何個くらいのおもちを作るのですかと聞くと、約300キログラム程度ですと言われたのでびっくりしました。
 おもちは、こちらのお店で注文を取った後、他の業者さんに調理を依頼し、届けてもらうそうです。

精米機の写真です。

 店中を見せてもらうと1つの大きな機械(写真左)がありました。この機械は、2階建ての家くらいの高さがあり、すごく大きいのでびっくりしました。これは、お米を精米するための機械です。
 ここは、昭和区でもあまりないお米屋さんなので、ぜひ皆さんも行ってみてください。お正月にここのおもちを食べましたが、とてもおいしかったです。

特派員:りんごちゃん(広路学区)

取材先:服部米穀店(住所:昭和区山花町)

このページの作成担当

昭和区役所 企画経理室
電話番号: 052-735-3872
ファックス番号: 052-733-5534
電子メールアドレス: shochan@showa.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ