ページの先頭です

老人クラブの活動

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年3月19日

昭和区老人クラブの活動報告

昭和区内の各老人クラブの活動を支援するため、様々な行事や活動について紹介しています。老人クラブは、高齢者の老後の生活を健全で豊かなものにする目的で、各学区や町内会などを単位にしてつくられています。

昭和区老人クラブ連合会行事を開催しました

平成25年度、昭和区老人クラブ連合会では様々な行事を行ってきました。その中で実施してきた一部の行事を紹介します。これらの行事は老人クラブに加入するとそれぞれの学区を代表して行事に参加できます。興味のある方は、老人クラブに入ってみませんか。

昭和区老人クラブ連合会囲碁大会

昭和区老人クラブ連合会囲碁大会は、初級、中級、上級とクラス分けをして楽しく行いました。
囲碁大会風景

囲碁大会には、女性も参加しています。

昭和区老人クラブ連合会ペタンク大会

昭和区内の公園で、ペタンク大会を行いました。男女混成の3人1組で学区対抗戦を行い、3つのコートで伊勝A、広路A、伊勝Bがそれぞれ優勝し、準優勝は滝川A、松栄B、白金Bでした。みなさんいい汗を流しました。
公園でのペタンク大会風景

ペタンクは学区対抗の団体戦で、氷上チェスと言われるカーリングと同様、戦略が大切です。

昭和区老人クラブは昭和区区民まつりにも参加しています

10月27日の鶴舞公園で開催されました昭和区区民まつりにも老人クラブが参加しました。佐藤老人クラブ副会長による3世代ふれあい宣言はじめ、同会女性部による奏楽堂での踊りにも参加し、同会健康部は、ブースで子ども達にクロリティ(輪投げ)を楽しく指導しました。
鶴舞公園奏楽堂で区民まつりの3世代宣言風景

昭和区3世代ふれあい宣言風景。昭和区老人クラブ副会長も宣言に参加。

鶴舞公園奏楽堂上で老人クラブ員が踊る風景

鶴舞公園奏楽堂で、昭和区老人クラブ連合会女性部による踊り風景

健康麻雀大会を開催しました

昭和区老人クラブ連合会主催の「健康麻雀大会」を開催しました。名古屋市内の老人クラブの中で昭和区だけが行っている行事です。麻雀と聞くととかく暗いイメージがありますが、この大会の趣旨は、「賭けない、(酒類)飲まない、(タバコ)吸わない」と明るく、楽しく、頭と手を使い、健康を大切にして行っています。この大会では、56名の参加者があり、その中で28名の女性の参加がありました。男性だけではない、華やかな雰囲気で1日楽しくすごしました。

麻雀大会で56名の参加者が一堂に会している風景

総勢56名の参加者は、壮観です。

女性だけの組み合わせができている麻雀大会風景

女性の参加者が28名あり、女性だけの組み合わせもできるほど。

健康麻雀で老人クラブの会員も増やそう

老人クラブの会員数の減少は、昭和区のみでなく名古屋市全体の傾向です。1名でも会員を増やすよう昭和区老人クラブ連合会としても工夫をしています。この健康麻雀大会が開催されてから4年が経ちますが、その後、昭和区の11学区の中で、5学区に学区内麻雀クラブが誕生し、活動を続けていまして、新たな会員増加につなげています。あなたも老人クラブ会員になって活動してみませんか。
初心者に役員が麻雀を教えている風景

麻雀のルールもわからない女性の初心者のコーナーも設けて、昭和区老人クラブ連合会の役員が、教育リーグと称して懇切丁寧に麻雀の楽しさを教えています。

90歳になる老人クラブ会員も参加している風景

このテーブルには、前会長で90歳の会員の方も参加しています。ちなみに、この方は総合で第2位の順位でした。

男性だけのテーブルは勝負に夢中になっている風景

男性だけのテーブルは、和気あいあいというよりも、ついつい勝負、勝負。

男の料理教室開催

昭和区老人クラブ連合会主催の会員による「男の料理教室」を開催しました。
武田会長の「この長寿社会で男も料理できなければいけない」という提案で、男性33名の参加で料理教室が12月4日に行われました。
参加者は講師の先生の指導のもと、慣れない手つきで包丁を扱う方や普段から自宅で料理をしているような方まで皆さんのエプロン姿が似合ってます。料理の出来栄えはさておき、同教室での男同士の会話や出来上がった料理の試食がこの料理教室の目的です。
料理教室の33名の参加者の皆さん

本日の料理教室のメニュ―を講師の先生が説明しています。皆さんきちんと聞いていますね。

1つのテーブルで料理の共同作業風景

講師の先生の説明はあったが、さて、何から手をつけたらいいのかなぁ。

慣れない手つきで包丁を握る料理教室の参加者の皆さん

包丁握る人、講師の説明を聞く人、共同作業で、このグループの料理の出来栄えが違ってきますよ。

包丁の手さばきも共同作業も慣れてきた参加者の皆さん

皆さん共同作業も慣れてきましたね。今回の料理教室のメニューは「和風のローストビーフ、茶わん蒸し、黒豆の炊きおこわ」です。おいしく出来ましたね。

趣味の作品展を開催しました

昭和区老人クラブ連合会主催の趣味の作品展を平成26年1月14日から同月16日まで開催しました。
作品の種類は日本画、洋画、工芸、写真、書、手芸、切り絵や缶アートまで実にさまざまな種類に及び130名の方の出品が並びました。
「趣味の作品展」と冠がついていますが、趣味の域を超えている作品ばかりで、来場者も3日間で378名を数えました。
趣味の作品展展示風景

区役所講堂に、趣味の域を超えた写真や手芸他130作品もの展示がされています。

木目込み人形や写真などの作品展示風景

皆さんの作品への愛着が感ぜられ、力作ぞろいです。

認知症講演会も共催しました

昭和区老人クラブ連合会は、平成26年1月27日に開催されました昭和区認知症講演会にも共催し、受付も昭和区老人クラブ連合会の女性部の皆さんが行いました。
内容は、第1部は音楽療法でリラックスし、認知症の方への対応の寸劇もありました。
第2部は、映画折り梅(吉行和子主演)の原作者で介護経験者でもある小菅もと子さんによる「忘れても、しあわせ」と題した講演会が行われました。
多くの老人クラブの会員の方や認知症に興味のある方など280人もの参加者がありました。
講演会音楽療法での参加者風景

認知症予防に効果的な昭和区認知症専門部会委員でもある大学の准教授による音楽療法の風景です。

認知症の方への対応の寸劇での参加者風景

認知症高齢者の方への声かけの寸劇で、老人クラブの会員が積極的に質問し、参加している風景。

講演の題名は、忘れても、しあわせ認知症でも安心して暮らせる地域に

講師である小菅もと子さんによる「忘れても、しあわせ」と題して介護体験者ならではの介護の苦労の一端を明るく前向きな内容で講演されていたことが印象に残りました。

芸能交流会を開催しました

昭和区老人クラブ連合会では、平成26年3月6日に10学区186名が参加した芸能交流会を開催しました。交流会の観覧者は350名を数えました。
演目は、合唱、ピアノ演奏やハーモニカあり、民踊や健康体操など幅広い発表となりました。合唱・コーラスでは、会員の皆さんが普段の練習をいかんなく発揮され、聴衆の皆さんも思わず口ずさむ等の光景が見られました。
昭和区では、芸達者の方から各学区の活動に参加するのを楽しみな方までいらっしゃいます。このように、楽しい会にぜひ参加してみませんか。

広路学区の皆さんの民踊

広路学区の芸能交流会風景

民踊も決まっていますね。

八事学区の皆さんの合唱風景

八事学区の合唱風景

八事学区の皆さんによる合唱風景

伊勝学区の皆さんの民踊

伊勝学区の芸能交流会風景

伊勝学区の民踊「郡上節メドレー」も素晴らしいですね

滝川学区の皆さんによるコーラス

滝川学区によるコーラス風景

滝川学区のコーラスは、男性の「テノール」のパートと女性の「ソプラノ」のパートも良く練習されてますね

松栄学区の皆さんの健康体操

松栄学区の皆さんによる健康体操風景

健康体操で元気で長生きを目指しましょう

村雲学区の皆さんの合唱

村雲学区の合唱風景

昭和区民の歌「好きです昭和区」も合唱しました

吹上学区の皆さんの合唱

吹上学区の芸能交流会風景

ピアノの独演や星の夜の独唱も素晴らしいですね

御器所学区のハーモニカの演奏

御器所学区のハーモニカの演奏風景

ハーモニカの演奏の花街の母も聴かせますね

白金学区の皆さんの合唱

白金学区の芸能交流会風景

白金学区は下町の太陽だとか指揮者もいいですね

川原学区の皆さんの合唱風景

川原の合唱風景

合唱の花は咲くは、いいですね。

名古屋市老人クラブ連合会のホームページについて

昭和区老人クラブ連合会の活動をご覧になられましたか。
名古屋市では、名古屋市老人クラブ連合会のホームページにも様々な年間行事予定や全国老人クラブ連合会の情報も提供しています。各区の老人クラブの活動が分かる「機関紙なごやかひろば」も下のリンク先からご覧いただけます。

このページの作成担当

昭和区役所保健福祉センター福祉部福祉課福祉係

電話番号

:052-735-3912

ファックス番号

:052-731-8900

電子メールアドレス

a7353912@showa.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ