ページの先頭です

平成27年度昭和区区民アンケートの調査結果

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年8月31日

ページの概要:区民の皆さんの区政に対するご意見等を把握するため、区政に関するアンケート調査を実施しました。回答者の96.5%の方から、昭和区に住み続けたいとのご回答をいただきました。

昭和区区民アンケートについて

ホットほっとタウン昭和マスコット「ショウちゃん」

区民の皆さんの区政に対するご意見などを把握するため、無作為に抽出した区民2,000人の方を対象に、アンケート調査を実施しました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。いただいたご意見やご要望などにつきましては、区政運営に役立てていくよう努めてまいります。

調査結果の概要

アンケートでは、昭和区での居住継続意向、区政運営方針、区役所で行っている事業、区役所の情報発信の状況などについてうかがいました。

昭和区での居住継続意向について

「住み続けたいと思う」と回答した方の割合は96.5%でした。「交通の便がよい」、「教育環境がよい」、「景観がよく、清潔なまち」などの理由で、大半の方が昭和区に住み続けたいと考えています。

区政運営方針について

  • 区政運営方針に掲げる基本目標と重点施策の評価は、プラス評価(「よい」「まあよい」の回答)が93.9%でした。
  • 重点施策の実現度については、昨年度の調査に比べ全体的に評価が高くなっています。
  • 今後力を入れていくべき分野としては、防犯、防災・減災、高齢者福祉など、これまでと同様の傾向がうかがえます。

区役所で行っている事業について

  • 昭和区の「区の木」「区の花」の認知度については、区の木「ハナミズキ」の認知度は60.5%、区の花「ハナショウブ」の認知度は35.4%となっています。
  • 昭和区のマスコット「ショウちゃん」の認知度は、名前だけやイラストだけなど何かの形で知っていた人は52.1%でした。

区役所の情報発信の状況について

  • 区政に関する情報の入手経路は、広報なごや区版が77.4%、町内会回覧が45.5%と紙媒体が高い割合でした。

家庭での震災対策について

  • 家具の転倒防止を行っている方の割合は45.2%、行っていない方の割合は52.4%でした。
  • 食料や飲料水の備蓄については、行っている方の割合は66.2%、行っていないは31.2%でした。
  • 携帯トイレの備蓄については、行っている方の割合は26.6%、行っていないは69.8%でした。

※調査結果につきましては、以下よりダウンロードすることができます。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

調査の実施概要

1.調査の目的

区民の区政に対する認知度や意見等を把握し、次年度区政運営方針の策定や、まちづくり事業の参考とする。また、区役所に対するニーズ傾向などを区にお住まいの方にわかりやすく説明することを目的とする。

2.調査の地域

名古屋市昭和区の全域

3.調査の対象、数

区内居住の20歳以上の男女 2,000人

4.調査対象抽出方法

無作為抽出法

5.調査方法

通達員配布後、郵送回収法

6.調査期間

平成27年6月10日から6月26日

7.回収数

 820人(41.0%)

過去の区民アンケートの調査結果

このページの作成担当

昭和区役所 企画経理室
電話番号: 052-735-3872
ファックス番号: 052-733-5534
電子メールアドレス: a7353872-01@showa.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ