ページの先頭です

八事山興正寺

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2005年4月4日

ページの概要:八事山興正寺の紹介

八事山興正寺

「尾張高野」とも呼ばれ、江戸時代から参詣者が多く、明治から大正にかけて鉄道馬車が通り、やがて八事電車になり「山行き」と言われ名古屋近郊最大の行楽地となった。

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ