ページの先頭です

ガソリン容器詰替え購入時の本人確認等が義務化されました

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年2月5日
令和元年京都市で発生したガソリン放火火災では36名の方が犠牲となりました。
同種事案の発生を抑止するため、ガソリンスタンドでガソリンを容器に詰替え購入されるときには、免許証の提示などによる本人確認とガソリンの使用目的の確認がなされ、販売記録に氏名住所等が記載されることとなりました。
これらは、消防法の改正によるもので令和2年2月1日から義務化されます。
南消防署は、区内のガソリンスタンドに消防法の改正についてお知らせを行い、ガソリンスタンドの皆様と共に、ガソリン放火火災の抑止に努めてまいります。
発電機や草刈り機などのガソリン燃料を携行缶に詰め購入するとき、カソリンスタンドの店員さんから「身分証明書をお見せください。」「使用の目的は?」と問いかけがなされます。
皆様方のご理解ご協力をお願いいたします。

南消防署は区内のガソリンスタンドに対して本人確認等の義務化について説明しました

  • ガソリン容器詰替え購入時の本人確認等の義務化についての説明を行っている様子
  • 他のガソリンスタンドでも本人確認等の義務化について説明して回ってます

ガソリン容器詰替え購入時の本人確認と使用目的確認が義務化されました

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

消防局 南消防署予防課予防係
電話番号: 052-825-0119
ファックス番号: 052-822-6133
電子メールアドレス: 12yobo@fd.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ