ページの先頭です

報道資料 平成31年2月20日発表 消防協力者へ感謝状を贈呈します

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年2月22日
救急車が到着する前に心肺蘇生を行ったことで、一命を取り留める事案が東区において2件発生しました。救命に協力いただいた方々の功績に対し、東消防署長から感謝状を贈呈します。

感謝状贈呈式について

日時

平成31年2月27日 水曜日 午前10時30分から

場所

名古屋市東消防署 講堂 (東区筒井一丁目8番30号)

事案1について

  1. 発生日時
    平成30年12月22日 土曜日 午後1時46分頃
  2. 発生場所
    東区葵三丁目地内のフィットネスクラブ
  3. 協力者
    4名(男性3名、女性1名)
  4. 状況
    フィットネスクラブにおいて運動中の男性が突然倒れたため、施設利用者が119番通報を行い、施設職員が男性の意識・呼吸がないことを確認し、AEDを使用して心肺蘇生を行いました。
    救急隊が到着するまでの間、交代で胸骨圧迫を実施し、救急隊接触時には手首で脈が触れ、呼吸も回復していました。
    男性は平成31年1月11日に退院し社会復帰されています。

事案2について

  1. 発生日時
    平成31年1月14日 月曜日 午前11時10分頃
  2. 発生場所
    東区葵三丁目15番21号先 市営地下鉄「千種駅」駅長室
  3. 協力者
    4名(男性4名)
  4. 状況
    地下鉄駅長室を来訪した男性が突然倒れたため、職員が119番に通報を行い、他の職員と協力して救急隊の誘導、AEDを使用し心肺蘇生を迅速に行いました。
    救急隊が到着するまでの間、職員が交代で胸骨圧迫と人工呼吸を行い、救急隊接触時には手首で脈が触れ、呼吸も回復していました。
    男性は平成31年2月13日に退院し社会復帰されています。

報道資料

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

消防局 総務部 総務課 企画広報係
電話番号: 052-972-3544
ファックス番号: 052-972-4195
電子メールアドレス: 00kikakukouhou@fd.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ