ページの先頭です

平成30年7月豪雨に伴う緊急消防援助隊へ隊員を派遣しました

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年6月6日

平成30年7月豪雨に伴う緊急消防援助隊へ隊員を派遣しました

平成30年7月豪雨災害に伴う緊急消防援助隊へ、愛知県大隊第3次派遣部隊として7月9日から7月12日までの間、南消防署から5名の隊員を派遣しました。
愛知県大隊第3次派遣部隊は愛知県内の消防本部から合計29隊、31車両、120人が岡山県倉敷市真備町へ出動しました。
被災地は、愛知県大隊第3次派遣部隊が到着した時点では、浸水域の水は引いていたものの、泥が堆積している状況でした。その堆積した泥が乾燥した後は、風や車両の通過により土埃が激しく舞う状況での活動となりました。愛知県大隊として、他県の大隊、警察、自衛隊等の各機関と連携し、被災した地区の検索活動を実施しました。
  • 愛知県大隊が一宮サービスエリアに集合した様子
  • 災害現場に設置した現地本部の様子
  • 被災した住宅地の様子
  • 被災した農地の様子
  • 前進指揮所の様子
  • 災害救助犬と連携した活動の様子
  • 海部南部消防本部保有のバギー
  • 岡崎市消防本部保有の全地形対応車レッドサラマンダー
  • 被災地での活動の様子
  • 愛知県大隊の解散式の様子

このページの作成担当

南消防署警防地域第二課
電話番号: 052-825-0119
ファックス番号: 052-822-6133
電子メールアドレス: 12shobo@fd.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ